【お気に入りアニメ】ブック・オブ・ライフ 〜マノロの数奇な冒険〜

2017年5月25日

俺氏はアニメが大好き

映画「君の名は。」の映像コンテンツの予約がとうとう始まった!

2017年7月26日発売だ。劇場で観れなかったので猛烈に欲しい((((;゚Д゚)))))))

そんな俺氏は幼少の頃からアニメが大好きである。

そして気に入って何度も観たい作品はDVDで購入している。ただ、コレクターではないので廉価版や中古で十分。

昨年からAmazon Fire TVのお陰でアニメコンテンツに不自由する事は少なくなったが、俺氏好みの昔の作品って何故か有料でも提供されていない事が多い。そうなると、やっぱり購入して手元に置いておきたくなるのだ。

まさか俺氏の好みってマニアックなのか⁉︎((((;゚Д゚)))))))

因みに俺氏ライブラリーにはピクサー系とジブリ系のメジャー所もあるが、マイナー作品も数多く並んでいる。

これはほんの一部だ。

ジャンル傾向は一見するとバラバラに感じるが、強いて言えば子供にも観せたいハラハラして泣ける系かな⁉︎

DVDにこだわる理由

映像の綺麗なBDでもなく、わざわざDVDを選んで購入する理由の1つは、やはり価格!

中古なら驚きの低価格で買えてしまう。シリーズ物もレンタル落ちなら、全巻セットでもかなり安く手に入る。

しかし、もっと重要な理由がある。

車で子供達にも観せたいからだ。

北海道はとても広く、隣町に行くだけでもいちいち遠いい。子供達は速攻で飽きてしまい、「降りる!」と暴れて泣かれたら車を止めるしかないのでお手上げだ。本当は景色でも観ながら歌でも歌っていて欲しいが、まだ4歳と2歳なので飽きない様に安全に座っていられる工夫が不可欠なのである。

これから不定期だが、マイナー作品やひと昔前の作品など、俺氏ライブラリーを紹介していきたいと思う。

ブック・オブ・ライフ 〜マノロの数奇な冒険〜

今回の作品は、たまたまアニメ映画ランキングで発見したもので、レビューの評価が非常に良かった。楽天ブックスで送料込み¥1000というバーゲンプライスだったということもあり、迷わずDOしたのだった。

アメリカで製作され、2014年に公開された昔のメキシコが舞台のCGアニメ映画である。日本では”新千歳空港国際アニメーション祭2015″で無料公開されたのみで全国ロードショーは無かったようだ。

因みに5月10日現在ではAmazonの方が40%オフで送料込み¥927とお得になっている。

Amazon派は今がチャンスだ( ´ ▽ ` )ノ

楽天ブックス派はクーポンやポイントキャンペーンと絡めてお得にゲットしよう!

ストーリー概要

先祖代々闘牛士の家系に生まれたマノロは、闘牛士ではなく音楽家に憧れる心優しい男の子。
マノロには、勇猛な軍人の息子ホアキンと、自由闊達な将軍の娘マリアという幼馴染がいて、3人はいつも一緒に過ごしていた。
いつしかマノロとホアキンは、美しいマリアに恋をしていた。
そして、祝祭<死者の日>に、死者の国の支配者ラ・ムエルテとシバルバが3人を見つけ、「将来どちらの男がマリアと結婚するか」で悪戯に賭けをした。
勝負に負けたくないシバルバは、強力な力を秘めた永遠のメダルをホアキンに渡しマリアを惹きつけ、毒蛇を使ってマノロを死者の国へ誘ったのだった。同じくして、盗賊団が町を襲い、マリアの身に危険が訪れる……。
死んでしまったマノロは元の世界へ戻ってマリアを救うため、死者の国の冒険へ旅立つ。
果たして、マノロの運命は!?そして2人の恋の行方は!?(商品の作品紹介より)

感 想

面白すぎる、何故日本で興行しなかったのさー((((;゚Д゚)))))))

ミュージカル仕立てなのだか、挿入歌がまた素晴らしい!子供達がいつも口ずさんでしまう程だ。独特な世界観でキャラクターのデザインも斬新で色彩も綺麗である。本編96分と尺は短いが、その分テンポが良く飽きさせない。

ネタバレするので詳しい内容は書ないが、物語が進むにつれてタイトルの意味がわかるぞ。

クライマックスでは全俺が泣いた(´;Д;`)

この内容でこのDVDの価格、いくらなんでも安すぎるでしょ(汗)

残念なお知らせ

そんな最高な作品ブック・オブ・ライフなのだが、残念な事が1つある。

グッズは個人輸入しなきゃ買えない状況なのだ(´;Д;`)

子供達がキャラクターのお人形が欲しいと言っているのにプレミア価格で買ってあげられない。日本の企業は完全に出遅れているぞ。いっそ俺氏がライセンス契約してグッズを販売したいくらいだ。これからブームがやってきて日本でもグッズが販売される事を切に願う!

子供も大人も楽しめる、是非家族で観て欲しい作品だぞ( ´ ▽ ` )ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!