【モノ】KTCの工具

大学時代に自動車部に所属

大学生の時に自動車部に所属していた俺氏。国内B級ライセンスを取得し、ラリー、ダートトライアル、ジムカーナ、草レースなどのモータースポーツをしていた。と言っても運転は下手くそで入賞なんて程遠いいレベル。初めて出場したダートトライアルでは2台の廃車を苦労してニコイチにしてレストアし、初めて手にした愛車、スズキAA33Sカルタスを第一コーナーでひっくり返したのはほろ苦い思い出である。大学対抗の大会でトヨタAE92カローラFXで九州まで行ったのも懐かしい。十勝3時間耐久レースで走ったホンダEG6シビックはもう一度乗ってみたい車だ。そうそう、古い車ばかりだったので故障ばかりでいつも整備していたっけな。とにかく今も昔も車が大好きなのである。

DIYに欠かせない工具

そんな自動車整備に欠かせない工具だが、先輩達の教えで、

「どうせ買うなら最低でもKTCの工具を買いなさい。」

という教えがあった。先輩達の言う通り、安い工具で回らなかったボルトがKTCなら回るという現実を何度も突きつけられた。しかしSnap-onよりお買い得とはいえ、学生にとっては高級品である。なので俺氏はバイト代で必要になった時にコツコツと買い足していったのだった。そしてその工具達は20年近く経った今でも俺氏のDIYを助けてくれる宝物モノになったのだ( ´ ▽ ` )ノ

一生保証のSnap-onも良いが、俺氏は日本のお家芸である精密機械作りをリスペクトして京都機械工具株式会社にぞっこんLOVEなのである。

何よりも京都ってのに萌える(爆)

20年近く使っているってことは性能も耐久性も折り紙付きだよね。

俺氏のKTCコレクション

本音を言うともっと欲しいが厳選された必要最小限のラインナップである。これさえあれば俺氏の作業は大体のことが出来る。

スピンナハンドル

力仕事はこいつで決まりだ。硬くて回らない時は鉄パイプかませてパワーアップ。

ソケット(10・12・13・14・17)

基本のサイズをラインナップ。ホームセンターボルトを扱うには13が必要になるよね(汗)

ディープソケット(10・12)

車の整備にはこれがあるととても便利だった。例えばフェンダー外す時(笑)

エクステンション

このサイズさえあれば色々と使える。

片目カタクチ(14)

14はよく使うサイズなので各種あると便利。

スパナ(10-12)

車以外の作業で非常に出番が多い。

メガネ(8-10)

ブレーキフルードのエア抜きの定番。

ロングストレートメガネ(14-17)

エンジンやミッションを降ろしたり、エンジンルームで大がかかりな作業をする時に大活躍した神ツール。

ラチェットドライバー

最近買い足した超オススメの一品。ビットも各種格納されていて、家庭内の作業はこれ一本でカバー出来るくらいの実力。手が疲れないのが良い。

ショートラチェットハンドル

最後に一番お気に入りのKTC。手の平に収まるのでとても使いやすい絶妙なサイズ。20年近く使っているのにラチェット機構も全然ヘタっていないのは驚きである。キーホルダーにして持ち歩きたいくらい愛してやまない。

いつかもう一度走りたい

いつかまたモータースポーツをしたくて未練がましく国内B級ライセンは今も尚更新し続けている。取り直すの面倒だしなぁ。これを流してしまったら全て終わってしまう感じがしてどうしても諦められないんだよね・・・・

遠い未来だけど、息子のマー坊が大きくなってダブルエントリーとか出来たらいいなぁなんて夢見たりして。

そしてこのKTCコレクションを引き継いで行って欲しいな( ´ ▽ ` )ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!




モノ

Posted by K☆太