【DIY】コンパクトで強力なインパクトドライバmakita TD090DWX

2017年10月11日

今回はDIYにおける俺氏愛用の充電式インパクトドライバを過去の作品と共に紹介しよう。

釣り具同様、ここにも上の上よりも中の下、もしくは下の上に位置する機能美とコストパフォーマンスを兼ね揃えたモノに対する強いこだわりが出ているぞ。

makita TD090DWX

makita TD090DWX

  • バッテリー:10.8V-1.3Ah Li-ion
  • 最大締付トルク:90N・m
  • 重量(電池含む):0.92kg

14.4vまでゴツいのは要らないけど7.2Vじゃパワー不足というプライベートユーザーにマッチしたスリムでパワーがあるモデルだ!

充電式インパクトドライバにありがちなグリップエンドのバッテリーの塊感が一切ないので非常に取り回しやすい。重量も軽いので腕力に自信の無い方にもオススメなのだヽ(・∀・)

makitaラヴな俺氏はカタログでこのモデルを見つけてからというもの、まるで欲しいオモチャを眺める子供の様に毎日カタログを眺める日々を送っていた。

 

そして父の日を理由に半ば強引に注文したのだったヽ(・∀・)

 

それでは初めてTD090DWXを使った薔薇のアーチ製作の様子を振り返ってみよう!

薔薇のアーチ製作

2014年6月

薔薇のアーチが老朽化して大変危険で一刻を争う状態である((((;゚Д゚)))))))

海辺の町に住んでいると潮風で直ぐに金属は錆びてしまう。設置から5年なので案外もった方なのかも⁈

なので今度は木工でDIYする事にしたぞヽ(・∀・)

 

1.設計図を書く

先ずはCADで超精密な設計図を書く。

うむ、完璧だ(`・ω・´)キリッ

 

2.材料の調達

町内には長い一本物の角材が売っていなかったので町外に出掛けたついでにカインズホームに寄った。

長い角材は捻じれがあると後々面倒なので慎重に選ぶ。

長さが心配であったがギリギリ車に積載できて一安心。

 

3.材料の切り出し

そして待ちに待った土曜日、土曜日なんだけど日曜大工開始なのだヽ(・∀・)

“日本日曜大工協会”から除名処分を受けるかもしれないが、予定が無くて晴れた休みなんてそうそう無いので決行する。日曜日まで待てん!

 

先日作製した超精密な設計図から割り出した寸法で材料を切り出す。で、電動丸ノコも欲しいね。

4.仮組み

基礎は以前義父と一緒に作った物をそのまま利用する設計にしてある。固定用の金具だけは奮発してステンレス製を使用。切り出した材料もピッタリだ。

5.塗装

防腐剤入りの水生塗料で塗装する。

A型な俺氏は表面処理もせずにダイナミックにハケで1度塗りだヽ(・∀・)

言い訳ではないが防腐目的なので良いのである(笑)

6.組み上げ

お待ちかねのTD090DWX登場!

コースレッド同士が喧嘩しないようにひたすら打っていく。ひゃっほっ〜う!メッチャ楽しい( ´ ▽ ` )ノ

7.仕上げ

基礎に固定してから最後に少し補強して、薔薇を誘引っと・・・・

で、出来た( ´ ▽ ` )ノ

なんて、無駄の無い機能的なデザインなんだろう(笑)

強度も以前のものよりはあるので安心だ。予定通り一日で完成した(*´ω`*)

後書き

実はいつもDIYや家庭菜園で相棒だった闘病中の義父と「充電式インパクトドライバ欲しいね」って話していたのね。

義父は窓越しに作業を見守ってくれていた。

数日後、義父は入院してそのまま家に帰る事なく天国へ旅立ったんだっけな。

最後にちゃんと1人でやれるところを見せて安心させたかったので間に合って良かった( ´ ▽ ` )ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!




DIY

Posted by K☆太