【カメラ】スピードライトSB-300

2017年6月7日

~前回からの続き~

マニュアル撮影も様になってきた時期ってさ、中々思うように撮れなくて悩んだりしてさ、もっといいカメラ欲しくなるんだよね:(;゙゚’ω゚’):

 

D500とか(爆)

 

しか〜し、いくら高いカメラに買い換えたからといって光をマネージメント出来ていなければ劇的に作風が変わることはないだろう。

そんな時に出会ったのがバウンス撮影だ!

それでは振り返って見よう。

バウンス撮影

2016年10月

ある日、電気屋さんからもらってきたNikonのカタログを熟読していたらスピードライトの項で目が止まった。バウンス撮影の説明と作例が載っていたのだ。

 

「え、壁に跳ね返した光で撮るの∑(゚Д゚)!?」

 

俺氏の今までのスピードライトのイメージ

  • 高ガイドナンバーで遠距離撮影を可能にする
  • 内臓ストロボでは出来なかった連写を実現
  • ワイヤレスライティングで増灯撮影

へえ〜バウンスすると光を和らげて自然な色合いになるのかぁ。試してみたいぞ!

しっかしスピードライトってお値段高いしゴツいなぁ〜∑(゚Д゚)

むむ、ひときわ安いモデルがあるけど⁈

ほほう、SB-300か・・・・

  • ガイドナンバーは小さくシャッタースピード限界も1/200
  • 照射角もDXレンズで18mmまで
  • 垂直バウンスのみで水平バウンスは出来ない
  • ワイヤレスライティングは出来ない
  • 軽量コンパクトで低価格

本当はSB-700欲しいんだけど、家の中でしか使わないならこれでも良くないか⁈

ワイヤレスライティング使わないし。

俺氏の主なターゲットは子供。動き回る子供達を都合良くライトセッティングしている場所に誘導出来る筈もないよね。

追いかけて接近戦で撮るならコンパクトなSB-300の方がかえって都合が良い。

 

俺氏はカタログでこのモデルを見つけてからというもの、まるで欲しいオモチャを眺める子供の様に毎日カタログを眺める日々を送っていた。

 

そして意を決して嫁へ購入申し立てのプレゼンをした。

 

 

・・・・プ、プレゼン失敗で出資して貰えなかったのだ(´;ω;`)

 

しかし、子供達の撮影で後悔したくないので結局注文しちゃったぞヽ(・∀・)

Nikon SB-300

Nikon SB-300

  • ガイドナンバー:18
  • 照射角:FX27mm、DX18mm
  • 調光範囲:0.6〜20m
  • バウンス角度:正面〜上方向120度(垂直方向のみ)
  • 電源:単4電池×2本
  • 質量:120g(電池含む)

早速装着して撮影だ( ´ ▽ ` )ノ

作例紹介

作例1

 SB-300 前方0度ストレート

作例2

 SB-300 上方120度バウンス

ほらこの通り!自然な色合い!

まいったなぁ、テカリやすい被写体を選んでみたけどストレートとバウンスでこんなに違うのか。人相まで違って見えるし((((;゚Д゚)))))))

特に苦戦している室内パーティーなんかは内臓ストロボのシャッタースピード制限だと動き回る子供達なんて全く捉えられない。結局ISOを上げる事になるんだけどイメージとはかけ離れた写真しか撮れなかったんだよね(・ω・`)

しかし、このSB-300を装備する事によりシャッタースピードも1/200まで速くなり、子供達を追いかけながら家中の壁にバウンスさせて自然な色合いの写真が撮れる様になった( ´ ▽ ` )ノ

ブツ撮りの時も光の写り込みを消して自然色合いになるので必須になったぞ。

やっぱり光あってのカメラ。光をマネージメントする事によってエントリーモデルでも今までと全然違う素敵な写真が撮れる様になる事が分かった。

上達に悩んで高価なカメラに行く前に是非バウンス撮影お試しあれ!

後書き

子供達のスナップ写真って瞬間を切り取って思い出を視覚的に残すわけでしょ!?将来結婚式のプロフィール写真とかでも使うと思うとね、少しでも良い写真を撮りたくなるのよ。子供の写真を綺麗に残す為なら自腹で機材購入でもプライスレスなのである!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!