人気記事

【実録レポート】セスキ炭酸ソーダ驚異の威力 台所のファン掃除

2017年11月28日実録レポート




もうすぐ大掃除の季節

朝晩肌寒くなりすっかり季節は秋。もう少しで年末大掃除の時期がやってくる(;´Д`A

ところで皆さん、キッチンのシロッコファンの掃除に苦労してはいないだろうか⁉︎

俺氏もあのパプテマスの頑固な油汚れを落とすのに毎年苦労していた。築10年、キッチン用洗剤、重曹、アルカリイオン水、スチーム洗浄器、高圧洗浄器など様々な方法を試してきてた。そしてとうとう超絶楽チンな方法にたどり着いたので紹介しようヽ(・∀・)

セスキ炭酸ソーダ

近年ブームのセスキ炭酸ソーダである。炭酸ナトリウムと重曹の複合塩で油脂の乳化、たんぱく質を分解することができる。水に溶けやすい為、洗浄力は同じアルカリ性の重曹の比にならないほど強力。無機物なので環境への負担も少ない。そしてとにかく価格が安いと良いことずくめなのだ!

お掃除開始!

1.シロッコファンを取り外す。

必ずシロッコファンを停止してからフィルターを外しアクセスしよう。

す、凄い汚れだ((((;゚Д゚)))))))

2.セスキ炭酸ソーダ水を作る。

アルカリ性なので手袋と目を保護するアイテムを用意しよう。

シロッコファンがすっぽり収まるサイズのバケツに、45度以上のお湯をはる。

そこにセスキ炭酸ソーダを入れてかき混ぜる。俺氏は20リットルの水に大さじ10杯くらい入れる。多めに入れておけば適当でOKだか、無駄なくきっちり計りたい方はパッケージの説明を読んでみよう。

3.どぶ漬け

シロッコファンを沈めて、保温のためにラップをし、1時間以上放置。早く台所で火を使いたいという気持ちをおさえて待つべし。半日くらい浸けておけば間違いないので、お出掛けの前がおススメだ。

4.仕上げ

強いシャワーで残った汚れを洗い流す。本当はお湯のシャワーの方が良いが、汚れが飛び散るのが嫌な場合は外でホースの強いシャワーでもOKだ。

見よ、このパプテマスの水の弾き具合を!!

スポンジやブラシを一切使わずともこの仕上がり。もし汚れが残っても軽くスポンジでこするだけで取れるぞ。今までの苦労は一体何だったのだろう((((;゚Д゚)))))))

何故に21世紀の今頃⁉︎

化学反応なんてかなり昔から分かっているのに、単なる無機物のセスキ炭酸ソーダが何故21世紀の今頃になって流行るのかというのは、ひょっとしたら今までは業界のタブーだったのではないだろうか⁉︎

メーカーもセスキ炭酸ソーダじゃ大した利益出ないから、色々な洗剤作って少しずつ洗浄力を強くして継続的に利益上げた方がよいよね。でも消費者としてはズバリ有効成分を知りたい訳じゃない⁉︎

ところで専門掃除業者の丸秘洗浄液って一体何でできているんだろう(謎)

気温は高い方が楽チン

換気扇の掃除は年末の大掃除にやりたくなるが、気温の高い夏の方が固まった油汚れが溶けやすいので楽チンである。それにお湯で作ったセスキ炭酸ソーダ水も冷めにくいし外で思いっきり強いシャワーをぶっ放せるぞ。

今までブラシやヘラでゴシゴシやっていた時間を他のことに有効利用できるし低価格。

セスキ炭酸ソーダをまだ使った事の無い方は是非一度お試しあれ( ´ ▽ ` )ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!




2017年11月28日実録レポート

Posted by K☆太