【お気に入りアニメ】旋風の用心棒

お気に入りアニメ第8段

不定期だが割と定期的に紹介している俺氏のお気に入りアニメDVDライブラリー。象の背中に続く第8弾!深夜帯の放送だった為、パチスロで知った方も多いのではないだろうか。今までは子供と観るのにオススメな作品を紹介してきたが、今回は完全大人向けアニメだ!

旋風の用心棒

ある人物の急死によって迷宮入りした大事件があった。それから15年、事件のことなど思い出す人々がいなくなるには十分な歳月が流れていた。ただ一人の男を除いては…。彼の名は谺丈二(こだまじょうじ)。しかし、それが本名であるかわからない。彼の目的は事件の真相を究明することなのか?それが真意であるかどうかもわからない。
丈二は鬼無宿(きむじゅく)という小さな田舎町に降り立った。
そこは15年前の事件に関わったらしい男・荒鬼(あらき)源蔵の生まれ故郷だった。かつては銅山によって栄えたこの町も、現在は鉄道を境に昔ながらのレンガ造りが立ち並ぶ南側を『赤い街』、新興住宅地の北側を『白い街』と地元では呼ぶようになっていた。紅白というめでたい呼び名とは裏腹に、2つの街はそれぞれのギャングが取り仕切っていて抗争の真っ只中にあった。
そんな中、丈二は荒鬼源蔵のことを調べて回るが、荒鬼という姓は土地柄に多いらしく思うような情報は得られない。また、田舎にありがちな「他所者(よそもの)を嫌う」性質なのだろうか。丈二の質問をはぐらかすレストランTONBOのマスター、丈二の行動に探
りを入れるホテル荒鬼館の女支配人・早苗、丈二を娘のボディガードに雇った赤い街のボス・田野倉、そして、丈二を付け狙う不審な影も見え隠れする。
「退屈しないな、この町は…。」
一夜限りで離れるはずだったこの町に、どうやら丈二は長居することになりそうだ。(公式サイトより)

原作は黒澤明監督の用心棒

なんと元になったのは黒澤明監督の「用心棒」である(驚)全25話と、じっくり楽しめる。舞台が田舎町っていうのも親近感が沸いて良いね。季節は秋から冬にかけてなので、これからの季節にぴったりの作品だ。巧みな伏線により観る者を引き込むミステリー要素の強い完全大人向けの作品である。世間一般ではストーリーが傑作なのに作画のクオリティのバラつきが激しいという評価だが、世界に入ってしまえばさほど気にならなくなるぞ(笑)

豪華声優陣

「悪いな、また付き合ってもらうぜ。」

カ、カッコ良過ぎるぜ丈二!なんと声優はONE PIECEの「サンジ」でお馴染みの平田 広明!他にも声優陣は深夜アニメにも関わらず超絶豪華である。荒鬼館の女将「荒鬼早苗」はセーラームーンの「セーラージュピター」の篠原恵美、銀鮫興産社長「銀鮫吉」はNARUTOのエロ仙人こと「自来也」の大塚芳忠。何とも憎めないキャラ「アライグマ」はなんと機動戦士ガンダムの「デニム曹長」でご存知の廣田行生!

 

・・・・こ、興奮しているのは俺氏だけか⁉︎:(;゙゚’ω゚’):

代表作が俺氏の目線なのでピンとこないかもしれないが、他のキャストもとにかく凄いんだってば!

  • 田野倉周作・・・・辻親八 NARUTO「パックン」
  • 田野倉美雪・・・・小林沙苗 D.Gray-man「アレン・ウォーカー」
  • TONBOのマスター・・・・塚田正昭 BREACH「山本元柳斎重國」
  • 小西・・・・千田光男 名探偵ホームズ「スマイリー」
  • 銀鱶次郎・・・・宗矢樹頼 銀魂「ナレーター」
  • 銀鱗・・・・宮本充 こち亀「中川圭一」

全俺が震えた衝撃のラスト

ラストは全ての謎が解けて事件が解決するものの、誰も救われないという何か心に引っかかったような何とも言えない後味を残すストーリーだ。この気持ちどうすればいいんだよぉ!

丈二が町を去る時にガチでちょっと待って欲しかった(´;Д;`)

オークションでゲット!

この作品は残念ながらamazonビデオにラインナップされていない。なのでライブラリに加えるべく購入しようと思い、ヤフオクで価格の変動を追い続けていた。

コンプリートボックスは第1巻の初回限定版にサントラCDとコレクションボックスが付いてきて、残り第2巻〜第5巻を単品で集めてコンプリートするシステム。だが、流通している球数が少ない様で一向に値下がりする気配が無い。因みにボックスやサントラCDが不要という場合は通常盤の第1巻で集めると少しリーズナブルに揃えられる。それでも球数が少なく中古にしては単価が高い(;´Д`A

しかーし、チャンスを伺い待つこと数年、とうとうブックオフのヤフオク店が20%オフの大幅値下げキャンペーンを実施!このチャンスに通常盤で全巻ゲットなのだ(*´∇`*)

久々に観てもやっぱり面白い!もっとメジャーになってもおかしくない作品だよなぁ〜。俺氏も謎とか解決してみたいものだ。どれどれ、何処かに謎はないかね!?

現代の技術を駆使してリメイクとか、あれから5年後とかの設定で続編を作って欲し過ぎる作品なのである( ´ ▽ ` )ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!