【アウトドア】コールマン ホットサンドイッチクッカー

2018年10月2日

キャンプの朝食は何が好き?

俺氏は朝食にはのんびりと暖かいコーヒーとトーストが食べたい。

とにかく食パンが好きで、コスパも良く学生時代にはいつもかじっていたのを思い出す(遠い目)

それにキャンプの朝は準備もパパッと手軽に済ませたいところ。

そこで俺氏が新たに手に入れたおすすめのクッカーを紹介したいと思う。

コールマン  ホットサンドイッチクッカー

使用時サイズ:約13.5×40×3.8(h)cm

重量:約550g

素材:本体/アルミニウム ハンドル/スチール、ウッド

付属品:収納ケース

組み立て式になっていて、ネジ式のハンドルを装着し、上下ペアリングしたらストッパーで固定する。

アルミ製なので思ったより軽かった。

内部がノンスティック加工されており、こびり付きにくいのが特徴だ。

残念ながらIH調理器具には非対応である。

早速ホットサンドを作ってみよう!

それでは簡単なレシピで実際にホットサンドを作ってみよう!

とその前に、クッカーは高熱になる為に耐熱テーブル又は耐熱クッキングマットなどを準備しよう。でないと、いざ焼きあがってからクッカーの置き場に困る事になるぞ。

俺氏はキャンドゥで売っている電子レンジに使う耐熱シリコンラップを流用して、フォールディングデーブルにペタッと貼り付けて耐熱スペースを確保している。耐熱230℃で滑り止めにもなるし、100円で買えるのでとても重宝している。厚みが不安なら少々かさばるが木製のまな板も100円で買えるので良いかもしれない。

ハムチーズサンド

材料:食パン(8枚切り)、スライスハム、スライスチーズ

イオンのトップバリュで全部揃った。イオンって凄いね((((;゚Д゚)))))))

 

食パン→ハム→チーズ→ハム→食パンと材料を挟む。

プレスする。耳を切らないと少し窮屈だが、面倒なので俺氏は切らずに押し込む(`・ω・´)キリッ

両面をこんがり焼く。アウトドアではコンディションにより火力が変わるので途中で何度も焼き加減を確認しよう。

おお、焼き目が美しい!

半分に切ると・・・・

実に美味しそうである!ラッピングして焼くのでマーガリンを使わなくても中はしっとりだ。

クリームチーズのデザートサンド

材料:食パン(8枚切り)、クリームチーズ、ジャム

こちらもイオンのトップバリュで全部揃った。凄いぞイオン!

 

食パン→クリームチーズ→ジャム→クリームチーズ→食パンと材料を挟む。

プレスしたら両面をこんがり焼く。

エッヘン、コイツを使えば父だってスイーツを作れるのだ( ´ ▽ ` )ノ

ヤックデカルチャー!

パ、パンが足りねぇ((((;゚Д゚)))))))

試作した時、よっぽど美味しいのか、俺家の幼児達はおかわりして2セットずつ、つまり1人食パン4枚も食べてしまった(;´Д`A

ラッピングして焼くので外はカリッと中はしっとりもちもち。マーガリンなんて不要だ。

ハムチーズサンドはチーズがトロトロでとってもデリシャス。トースターで焼いたパンにチーズとハムを挟んでもこの様にはならない。

二分割にプレスされるダブル仕様なのもグッド。斜め二分割は珍しいし、ランタンマークも可愛いくて子供達にも大人気だ。

キャンプで米を炊くのが面倒な時にも良いねコレは。

デザートサンドも大好評だった!

コツは

  • 8枚切りの食パンを使う
  • 柔らかく水っぽい食材を真ん中に配置する
  • 切る時はキッチンバサミを使う

くらいで、レシピのバリエーションは無限である。なので次々と新しいホットサンドを試したくってしまう。

各社からリリース

ホットサンドイッチクッカーは各社より販売されており価格も性能も様々。スノーピークのトラメジーノなんてのはホットサンダー達の憧れの的だ。

そして数ある商品の中で、今回紹介したコールマンのクッカーはしっかりしたクオリティで価格がリーズナブルなのが良い。特にノンスティック加工が素晴らしく、これから買い替え予定のクッカー類もコールマンにしようかと思っている。

チャムスでも待望のダブルが発売されたが少々値がはるのが惜しい。ブービーバードの焼き目がとってもキャワワなのだかが・・・・

ご家庭でも兼用したい人はIH、直火両対応のホットサンドイッチクッカーを買うと良いだろう。

 

以上ホットサンドイッチクッカーはキャンプで手軽に使える是非オススメなアイテムなのである!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!