【ガーデニング】著名人も愛用の花鋏ハンドクリエーション

2020年11月28日家庭菜園・ローズガーデン入門

こんにちは。家庭菜園とローズガーデン歴10数年の管理人K☆太(@makiriri_com)です。

家庭菜園の知識は幼少のころから祖父氏になんとなく教えられ、知らないうちに備わっていた。

しかし薔薇については一からだったので試行錯誤したのは今となっては良い想い出である。

薔薇はシーズンインすると次々に花が咲くので毎日の花柄摘みが欠かせない。

放ったらかしにすると見栄えが悪いし、ローズヒップができてしまうと株の体力が無くなってしまう。毎日仕事と両立して家庭菜園と10数株の薔薇を管理するのはなかなかの重労働なのだ(;´Д`A

さて、今回はそんな毎日のメンテナンスに欠かせない俺氏愛用の花鋏(はなばさみ)である坂源ハンドクリエーションを紹介するぞ。

それでは張り切っていってみよう!

坂源ハンドクリエーションとの出会い

薔薇や野菜の手入れに欠かせない花鋏。

TVの園芸番組で著名人達が使っていて頻繁に見かける花鋏が非常にカッコよく感じて気になって気になって夜しか眠れなくなってしまったので調べてみた。

すると創業100余年の花鋏メーカーである坂源という会社のハンドクリエーションというモデルだということを突き止めた。

価格は思ったより現実的でガチな職人仕様のものに比べると断然コストパフォーマンスも良い。

直感的にこれはいいモノだと思ったら最後、モノヲタクの俺氏の物欲は誰にも止められない。

思い切って家族分まとめて注文してしまったヽ(・∀・)

サイズは数種類ラインナップされているが俺氏が選んだのは一番一般的なモデルのF-170だ。

カラーはガーデニング用品に重用される落ち着いたグリーンをチョイス。

そして嫁氏にはピンク、義姉にはグリーンを誕生日プレゼントとして贈った。

抜群のフィット感

ハンドクリエーションを初めて手にした時の衝撃は今でも忘れない。

こいつは一度使ったらもう他のが使えないほどのフィット感!

バネが付いていないのにも関わらず連続使用でも全然手が疲れない。

しかも切れ味も抜群で剛性、耐久性と申し分無く、今までいくつも園芸用の花鋏を使ってきたが、それらとは異次元の使い心地だった。

試しに使ってみた義母もすぐに欲しいといったので、行方不明になってもすぐに見つけられるイエローを追加注文してあげた。

これで全員ハンドクリエーションとなったのだったw

驚異の耐久性

そんなハンドクリエーションもさすがに7、8年使うとボロボロになってしまうのでリピート買いしている。

写真左が新品のスカイブルー(限定色)で右のが8年使い倒したグリーン。年季が入ってるでしょ!?

っていうか、よく考えたらすごい耐久性である(;´Д`A

硬い枝は斜めに切るという鉄則を守るくらいで後は結構雑に扱っている。刃も研いでいないw

これだけ長く使えるので購入する際は限定色がおすすめ。

現在俺氏が使用しているスカイブルーはウットリするほど鮮やかなので気分もウキウキ♪

目立つカラーだと置いた時にすぐに見つけられるのも良い。

下ろし立ての切れ味は最高に気持ちがよいぞ!

一度使ったら手放せない!

以上、一度使った手放せないおすすめの花鋏ハンドクリエーションの紹介でした。

カラーも豊富で贈り物にも喜ばれるハンドクリエーション。

他にも刃先が長いバージョンのF-180もあるぞ。

ぜひ一度使って見て欲しいおすすめの花鋏なのである!

ロングバージョンF-180