【発掘なつレゴ】6373 モーターバイクショップ(1984年発売)

「発掘なつレゴ」は俺氏の実家に眠っていた懐かしいレゴを発掘し再生して紹介するコーナー。

「なつレゴ」とは昔のレゴ情報サイト「7205(なつレゴ)」様による造語で「懐かしいレゴ」の事である。

なんと街シリーズのカタログなら1979〜1999まで網羅しているので手持ちのカタログでカバー出来ないモデルは7205様で調べさせてもらっている。

因みに俺氏の手持ちのカタログは1984年~1986年↓

今回は1984年に発売された街ジリーズからの紹介。

それでは張り切って行ってみよう!

6373 モーターバイクショップ

こちらのセットは全体の状態が非常に良かったのにも関わらず青いクラシックバイクのハンドルが破損していて完全復活が遅れていたのだった。

オークションでも中古ブロック店でも何故か青いクラシックバイクは品薄な為に入手に時間が掛かってしまった。

しかし遂にオークションで手頃な価格のものをゲット!

3台セットで持っていなかった白バイも手に入りこりゃラッキーだ!

部位品交換してっと・・・・

長年の悲願だった完全復活を果たしたのだった!

それでは細部を見ていこう。

ミニフィグ

ショップ店員:一時カタログの顔にもなりお馴染みとなった青いオーバーオールを着た店員。

ライダー:ライダースジャケットを着ていてカッコいい。茶髪。

バイク

何と3台ものバイクが付属!

跨ってハンドルを握れる仕様に当時興奮したっけなぁ(遠い目)

ライト形状やスクリーンで3台とも少しずつディテールを変えてあるのが痺れる。

バイク赤:スクリーン+サイドカースタイル

バイク青:スクリーンスタイル

バイク黄色:ネイキッドスタイル

ショップ

まずは外観。

ガラス張りのショールーム。本当のバイク屋さんに良くあるスタイルだ。

シールで賑やかな入り口付近と比べて殺風景になる左側に花を配置して全体のバランスをとるというセンスに全俺が脱帽。配色も素晴らしい。

続いて店内を見て行こう。

スタンドにバイク1台をディスプレイ出来る。

横の柱には工具がある。

ナイスアイディアのヘルメットコーナー!

しかし赤・青・白って、何故バイクと合わせて黄色にしなかったの!?

もちろん事務所も完備である。

電話にレジに回転椅子と本当に良く出来ている。

恒例のオモ写

それでは恒例のオモ写行ってみよう!

果たして元ネタ分かる人はいるんだろうか!?

ヒントは真紅のヨンフォア(CB400FOUR)

”スピードの向こう側”を目指して”ハードラック”と”ダンス”ちまう某漫画である。

しまった、セットからバイクしか使ってないwww

現在のモーターバイクショップは!?

以上、6373 モーターバイクショップの紹介でした。

「俺これ持ってたよ(´;ω;`)ブワッ」ってなった人はいたかな!?

このセットも兄弟でかなり遊んだなぁ(遠い目)

子供達も大のお気に入りで部屋中をバイクで暴走しまくっている。”ハードラック”と”ダンス”っちまわなきゃよいがw

何だかまた本物のバイクにも乗りたくなっちゃったな。

ところで現在のモーターバイクショップはクリエイターの31026 バイクショップとカフェと言う大型セットとなりとってもオシャレ。

しかしバイクといっても自転車なのだ。モーターバイク自体は出回っているだけに惜しい(;´Д`A

いつかまたモーターバイクショップとして発売されると良いね。

それではまた次の発掘なつレゴでお会いしましょう。