【発掘なつレゴ】6891 合体宇宙船

「発掘なつレゴ」は俺氏の実家に眠っていた懐かしいレゴを発掘し再生して紹介するコーナー。

「なつレゴ」とは昔のレゴ情報サイト「7205(なつレゴ)」様による造語で「懐かしいレゴ」の事である。

なんと街シリーズのカタログなら1979〜1999まで網羅している。

もはや神だね((((;゚Д゚)))))))

なので手持ちのカタログでカバー出来ないモデルは7205様で調べさせてもらっているぞ。

因みに俺氏の手持ちのカタログは1984年~1986年↓

今回はクラシックスペースシリーズ、通称「クラスペ」から紹介。

それでは張り切って行ってみよう!

6891 合体宇宙船

紹介するのは1986年に発売された6891 合体宇宙船である。

因みに英名は「Gamma-V Laser Craft」という超絶カッコいい名前だ。

俺氏が所有しているクラスペの中で1番気に入っていたモデルで、箱まで綺麗に残っていた。余程大事にしていたと思われるw

付属ミニフィグ

☆スペースノイド(黒)

当時は黒のスペースノイドはレアだった。

☆ロボ

レアパーツの集合体。

今思えばスター・ウォーズのドロイドみたいだね。

合体宇宙船外観

クラスペと言えば青×灰色×トランスイエローが定番カラーだが、こちらは黒×灰色×トランスグリーンと特別感がある。唯一無二のカッコよさだった。

どっちかというと2代目スペースポリスのカラーに近いよね!?

トランスグリーンのキャノピーがカッコいい。

コクピット内部。当時珍しいかったパターンのプリントスロープ。

細部までカッコよく作り込まれている。

ギミック

合体宇宙船というだけに前後が合体するギミックを搭載!

合体宇宙船で探査対象惑星にひとっ飛び。

惑星に到着したら後部Bパーツを切り離し、地表はロボに調査させて、パイロットはAパーツで上空から周辺を調査をするという運用方法が思い浮かぶ。

後部Bパーツはウイングが動くぞ。

Bパーツの格納庫はドアが開閉する。

バラバラにするとロボが格納できる。

オモ写で遊んでみた

黒スペースノイド「それでは周辺探索へ行ってくる。地表の調査は頼んだぞ。未知の生物にも気を付けるんだ。You copy?」

ロボ「I copy.マスター。」

未知の生物「・・・・・。」

宇宙シリーズには夢がある

以上、6891 合体宇宙船の紹介でした。

「俺これ持ってたよ(´;ω;`)ブワッ」ってなった人はいたかな!?

何と世の中には、この合体宇宙船をBLACKTRON2カラーとBLACKSTARカラーで作ってしまった猛者が居るぞ((((;゚Д゚)))))))

往年のスペースシリーズのアレンジを得意とするnagisaさんである。ブログをいつも楽しく読ませてもらっている。

nagisaさんのブログ↓

現在ではレゴムービーの人気キャラ「ベニー」のお陰で再び注目を浴びているクラスペ。

いつの時代も宇宙には夢がありワクワクするものだね( ´ ▽ ` )ノ

それではまた次の発掘なつレゴでお会いしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!