【発掘なつレゴ】消防車両一挙3台紹介スペシャル!

2019年8月20日

「発掘なつレゴ」は俺氏の実家に眠っていた懐かしいレゴを発掘し再生して紹介するコーナー。

「なつレゴ」とは昔のレゴ情報サイト「7205(なつレゴ)」様による造語で「懐かしいレゴ」の事である。

なんと街シリーズのカタログなら1979〜1999まで網羅している。

もはや神だね((((;゚Д゚)))))))

なので手持ちのカタログでカバー出来ないモデルは7205様で調べさせてもらっているぞ。

因みに俺氏の手持ちのカタログは1984年~1986年↓

さて今回は何と、消防車両を一挙3台紹介というスペシャル版でお送りするぞ!

それでは張り切って行ってみよう!

6611 消防隊長車

ミニフィグは消防隊長。

隊長の証しであるレアな白い消防ヘルメットを着用。トランシーバーが付属する。

車両は当時の街シリーズにありがちなバギーに回転灯を付けた車両。

所でこの回転灯、違和感が無いだろうか!?

そう、レゴ発祥のデンマークや近隣のドイツやオランダなどでは消防車の回転灯は青いのである。

実はデンマークは世界最大の民間消防会社FALCK(ファルク)発祥の地でもあるのだ!

因みに日本では2004年から青い回転灯は青色防犯パトロールの自主防犯活動用自動車に使用する事が許可されている。

スティーブン「何やってるんだ、ブライアン!」

6650 消防トラック

ハシゴの無い放水車。

フィグは黒いヘルメットの一般消防隊員。

こちらもトランシーバーが付属。

運転席はこんな感じ。

そして1番の特徴はこれ!

完全硬質プラスチックの概念を覆した科学繊維製のホースが革命的だった。

ブライアン「兄さん、犯人はアドコックスだ!」

6685 消防ヘリコプター

俺氏がとっても気に入っていたモデル。

奇跡的に箱と説明書も残っていた。

ミニフィグは白いフルフェイスヘルメットの消防隊員。

トランシーバーは無く消火器が付属する。

そして外観。

レゴの航空機は決まってクリアブルーのウィンドウスクリーンが採用されているんだよね。

そしてコクピット。

当時この操縦桿に萌えたんだっけな(遠い目)

左右に放水用のノズルがある。

この蛇腹パーツも新鮮だった。

しかし、水、又は消火剤の搭載量は少ないと言えよう。

左右の収納には組み立て式の消火器を搭載している。

この消火器は数十年たった現在のモデルでも使用されているので驚きだ。

消防ヘリパイロット「待ってろ、いま行くぜ!」

現在の消防車両達

以上、懐かしの消防車両一挙3台の紹介でした。

「俺これ持ってたよ(´;ω;`)ブワッ」

ってなった人はいたかな!?

因みに俺氏は幼少期、高い所に上るのは怖いという理由で一度も消防士になりたいと思った事は無かった(`・ω・´)キリッ

現在では消防トラックは無くなり、はしご車のみのラインナップとなっていた。そして消防隊長車はバイクとなり6685 消防ヘリコプターのセットに統合されている。

ストラクチャーも付属するのでこのセットだけで直ぐにごっこ遊びが出来ちゃう遊べるセットである。

尚、ヘリコプターは放水方式から投水方式に変更されている様だ。

それではまた次の発掘なつレゴでお会いしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!