【News】Luxeritasが3.x系へバージョンアップ!

2018年6月10日

Luxeritasが3.0.0へバージョンアップ!

当ブログ、田舎で趣味レーションで使用中の無料ワードプレステーマLuxeritas(ルクセリタス)が2018年5月17日にアップデートをリリースした。

なんと2.x系から3.x系へのバージョンアップである!

LuxeritasはSEO最適化済み、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つ無料の神WordPress テーマである。そして何かと登場する猫が超絶萌えるのだ。

驚きの超進化

この度バージョンアップしたLuxeritas3.0.0では多くの新機能が追加された。驚くべき超進化を遂げているぞ((((;゚Д゚)))))))

  • デザインファイル機能
  • ショートコード・定型文の登録機能
  • シンタックスハイライター
  • 吹き出し機能
  • ウィジェット & ウィジェット領域の表示・非表示切り替え機能
  • サムネイル管理機能
  • サムネイル一括再作成機能

詳しくは公式サイトをチェックしてみてね。

アップデート方法

アップデートする前に一応バックアップをとっておこう。

アップデート手順はいつもと一緒。

まずはダウンロードページから親テーマと子テーマ両方のzipファイルをダウンロードする。

メニューの外観→テーマと進み、新規追加または+をクリック。

先ほどダウンロードしておいたzipファイルを選択してインストールボタンをポチリ。

俺氏の環境では子テーマは旧バージョンを削除してからじゃないとインストール出来なかった。

両方のインストールが完了したら子テーマ(Luxeritas Child Theme)を有効にする。

ヒャッホウ!

再設定が必要だった箇所

俺氏はバージョン2.x系からのアップデートだったが、表示崩れなどの不具合は一切なく無事アップデート完了。レイアウト以外の設定は継承したのだが、子テーマは一度削除したので追加で書き込んだコードやタグの再設定が必要だった。

しっかし再設定するのにこんなに自分のブログの過去記事を見直すとは思わなかったなぁ(笑)

グリッドレイアウト

グリッドレイアウトの抜粋文字数記事を読むのリンクの設定が初期値に戻ったので自分好みに戻した。

Googleアナリティクスの再設定

子テーマを一度削除してたので、Googleアナリティクスのトラッキングコードを記入するところを再設定をしなくてはならない。手順は「Luxeritas初期設定編」をどうぞ。

アナリティクスとサーチコンソールの再連携

アナリティクスとサーチコンソールの連携も確認用のHTMLタグを記載していたところが初期値に戻りリセットしてしまったので再設定が必要となった。手順は「アナリティクスとサーチコンソール再連携」をどうぞ。

新機能を試してみる

デザインファイル機能

デザインを手軽に変えられるこの新機能では、デザインファイルも10個同時リリースされた。

俺氏は早速「classic blog blue」をダウンロードしてみたぞ。とてもステキにイメチェン出来た。

今まではLuxeritasを使っているサイトはシンプル故にどうしてもデザインが似てしまう傾向にあったが、これからはそれぞれの個性が出そうだね。

因みにデザインファイルを適用するとグリッドレイアウトが初期値の「通常スタイル」になる様だ。「ホーム」のテキストも初期値に戻っていた。気づいていないだけで他にもあるかもしれない。

デザインファイルの説明とダウンロードはこちら公式サイトから↓

ショートコード・定型文の登録機能

新機能の中でとっても便利で気に入ったのがこのショートコード・定型文の登録機能。使いやすくてプラグインAddQuicktagが必要無くなった。

設定はメニューのLuxeritas→定型文登録から行う。

その他の追加になった機能はこれから少しずつ試していこうと思っているぞ。

超進化を遂げたLuxeritasはとってもおススメ

今回のバージョンアップで超進化を遂げたLuxeritasはやはり神テーマだということを再認識した。

とってもおススメな無料WordPressテーマなので、導入してみたい方はこちらの記事「Luxeritas導入編」も参考にしてみてね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!