【WordPress初心者向け】無料テーマLuxeritas導入編

2019年12月4日

ワードプレスを始めた当時、慣れてきた俺氏はせっせとカスタマイズに勤しんでいた。

ウィジィットなども整備して外観を整え、サイトの高速化にも着手。

定番プラグインのW3 Total Cacheもインストールして、大体計画していたカスタマイズが完了してこの日は満足して就寝。

しかし翌朝、ログインしてみると何だか不安定である(;´Д`A

昨日色々弄ったからなぁ〜。ブラウザのキャッシュをクリアしたら治るんじゃないか!?と淡い期待を持ってキャッシュをクリア。

すると、最ログインしようとしたらまさかの500エラー((((;゚Д゚)))))))

恐る恐るサイトを開くと・・・・

真っ白だべさ((((;゚Д゚)))))))

と言う事で本稿では500エラー真っ白事件の解決から現在使用しているおすすめワードプレステーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」導入までの模様を紹介。

それでは張り切って行ってみよう!

復旧作業

調べてみると、どうやら500エラー真っ白事件は“ワードプレスあるある"らしい。

コードは殆ど触っていないので原因はプラグインだと予想はついた。

ロリポFTPでサーバーにアクセスし、wp-content内のpluginsフォルダを丸ごと一時的にリネームしてプラグインを一括で無効にした。そして再ログインすると、今度は真っ白な画面に黒文字でW3 Total Cacheのエラーログが出た。

犯人はお前か((((;゚Д゚)))))))

今度はW3 Total Cacheの機能を全てオフにしてから停止。

一時的にリネームしたpluginsのフォルダ名を元に戻して、他の必要なプラグインを有効に戻してようやく復旧完了。
ホント焦ったよ全く(;´Д`A

テーマの変更

高速化プラグインでサイトが壊れるなんて本末転倒である。

その時、ふと思った。

そもそも最初っからSEO対策済で高速のテーマ使えば良かったのでは!?

当時使用していたテーマはデザインが好みで使っていたが、カスタマイズに慣れてきたら使い続ける理由はもはや全く無くなっていた。

しかもJetpackとの相性も良くなかったし、サイト速度対策をしても今ひとつ早くならず、正直テーマの変更は考えていたのである。

そこで、人気の無料テーマを調べてみたところ、国産の新テーマで非常に評価が高いテーマが見つかったので思い切ってインストールしてみたのだった。

Luxeritas(ルクセリタス)

インストール方法

1.ダウンロード

LuxeritasのサイトのダウンロードページからZIP形式の本体と子テーマをダウンロードする。

2.アップロード

外観→テーマ→新規追加→テーマのアップロードと進み、先ほどダウンロードしたZIPファイルを選択しアップロードする。

3.有効化

インストール済みテーマの一覧に表示されたら子テーマを有効化する。

ファーストインプレッション

SEO 最適化済みでレスポンシブ、そして高カスタマイズ性を持つ無料のテーマとのこと。使ってみた最初の印象というと、まずね、猫が超絶可愛い。

デザインはいたってシンプルなのだが、細部まで作り込んでありスタイリッシュだ。

そして簡単に細かなカスタマイズが出来てしまう。今までの苦労はなんだったんだろう((((;゚Д゚)))))))

さらに高速化設定やブログカード目次などもデフォルトで実装されていて機能が充実している。

その為プラグインもかなり減らすことが出来た。

更にAMPにも対応している!

そして最大の売りであるサイト速度が超絶早い!

500エラーで真っ白事件直後でビビってW3 Total Cacheの使用を辞めたのにも関わらず、高速化プラグイン無しでも爆速ってやっぱり凄い事だよね(;´Д`A

記事の執筆に専念したい人に是非使ってもらいたい

以上、おすすめワードプレス テーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」の紹介でした。

500エラーで真っ白事件が起きたのはひょっとしてルクセリタスと出会う為の必然だったのではないだろうか!?

SEO対策済みで高速。しかも無料とはもはや神だよね。

ブログ記事の執筆に専念したい人は是非試してみてね!

詳しい設定編はこちらの記事をどうぞ↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!