【いいモノ】検証RAVPOWER前編 車載急速充電器

2018年7月15日

車載充電器が故障

先日3年半使っていたair-Jのライトニング用車載充電器が壊れてしまった。

ランプは点灯するがiPhoneに挿しても充電が始まらない。どうやらケーブルのどこかで断線してしまった様だ。ケーブル一体型は車内がスッキリするが、こうなってしまうと勿体ないよね。

この充電器は旧型でクイックチャージ機能こそ無いものの、コードが下向きに生えていているのと、カールケーブルである為、車内がスッキリする優れモノだった。Apple MFi認証品だし超絶気に入っていたんだけど残念だなぁ。因みにカールケーブル単品だと結構高いのよ。

俺氏は車で移動する事が殆どなので、モバイルバッテリーよりも車載充電器を使う場面の方が圧倒的に多い。早急に買わなくては不便である。

機種選定

俺氏はモバイルバッテリー、充電器と言えば信頼性と価格の面でAnkerがコスパ最強というイメージがあった。なので今度は安定のAnker製でクイックチャージ3.0対応の車載急速充電器を注文しようと考えていたのだった。

ところがいざAmazonで注文しようとしたところ、Amazonお得意の類似商品表示RAVPOWERの車載急速充電器が表示されていた。な、なまら気になるべさ(;´Д`A

近いスペックで価格が安いのだがレビューがすこぶる良い。しかもケーブルとセットで購入すると300円も割引になる。更にタイムセールで安くなるようだ。

うーん、デザインはAnkerの方がカッコイイし、ケーブルは他社のカールケーブルが欲しいけれど、スリムな設計とセット割引は魅力的だなぁ(;´Д`A

おし、いっちょ買ってみっか!

RAVPOWER

RAVPOWERはアメリカに本部を置くSunvalleyグループの7つのブランドの内の1つで、モバイルバッテリーや充電器を販売する部門。

スマン、ぶっちゃけ、調べるまで全く知らなかった(爆)

マツコの知らない世界でモバイルバッテリーが紹介されたり、世界初のワイヤレス急速充電に対応したモバイルバッテリーをリリースした事でも一躍話題となったそうだ。

まあ、ワイヤレスモバイルバッテリーに関しては使い道の面で賛否両論だが、これはただの通過点に過ぎず、近い将来に靴や時計などに内蔵された発電機から発電した電気を、ワイヤレスでスマートフォンに送信し、自動車の様に発電しながらスマートフォンを運用するという構想が着々と進んでいるという証なのではないだろうか!?

価格帯は競合するAnker よりも少し安く買えるように設定されている。中には定期的にAmazonでタイムセールを行って価格戦略を行っている商品もある。Amazonで購入すると18ヶ月+長期保証という手厚い補償を受けられるのも魅力の一つだ。

それでは張り切ってレビュー行ってみよう!

レビュー

オシャレな箱

箱のデザインがとっても可愛いくて俺氏好みだった。ここはサッとスルーしたいところなのに反則だなぁ。

車載充電器 RP-VC007

まずは車載充電器から開封。RP−VC007は2ポートともクイックチャージ3.0に対応する最大40W(合計)のモデル。もちろん自動で接続機器を判別し最適な条件で充電を行う安心のiSmart搭載だ。60cmの平型マイクロUSBケーブルも付属されていたぞ。

コンパクトでシンプルなデザイン。サイズは約70mmで重さは約32g。

シガーソケットに挿すとロゴは一切見えなくなるよね。前面にもロゴ入れれば良いのに・・・・

ライトニングケーブル

続いてライトニングケーブル。0.9mと1.8mの2本セット。っていうかライトニングケーブルはセット売りしかラインナップされていなかった。1本でも売って欲しいな(;´Д`A

だがApple MFi認証で安心の商品だ。マジックテープのバンドが付いているのが地味に嬉しいポイント。

端子の付け根は頑丈な作りで安心感がある。ケーブルもApple純正よりも太い。

ただ太いのは電気的には良い事なのだが、硬くてしなやかに動かないのはちと使いづらい印象だ。

車に装着

愛車20系アルファードに装着してみた。LEDが光るとこんな感じ。

そして全景はこうなる。

予想はしていたが本体はコンパクトなのにケーブルはゴツくて邪魔だなぁ(;´Д`A

ちょっと話はそれるが、iPhoneはどういう風に固定されているかというと、

cellular lineの粘着式スマートフォンホルダーに貼り付けてある。これはとっても便利で、粘着素材でできているので好きな所に貼り付けるだけ。埃などで粘着力が落ちてしまっても、水で洗って乾かすだけで復活する事ができる。車に侵襲性が無いのと繰り返し半永久的に使えるのでとってもオススメなホルダーなのだ。

使用感

耐久性は様子見だけど機能的には申し分無い。急速充電器初体験だけどこれは便利だね。今までのと比較するとめちゃくちゃ早い( ´ ▽ ` )ノ

俺氏はレジャーでは主に写真は一眼レフ、動画はiPhoneを使うので車でiPhoneを車で急速充電できるのはとっても助かる。しかも同時にハンズフリーイヤホンマイクやキャンプ用の充電式ランタンも充電出来る。早速セカンドカー用に追加購入しちゃったぞ。

でも車載用のライトニングケーブルはやっぱりカールケーブルがスッキリして使いやすかったな(;´Д`A

やはり値は張るがカールケーブルを買おうか・・・・

まとめ

デザインはAnkerの方がカッコイイがRAVPOWERはスリムなデザインでとってもリーズナブル。

テスターで測定までは行っていないが、2台の車で使用して今のところ機能的にも問題ない。

RAVPOWERってコスパ最高でとっても良いメーカーなんじゃないの!?

1つ気になっている点は、俺氏がこれから買おうと思っているPD 60W 5ポートUSB−C急速充電器ではどうなのかである。
RAVPOWERのiSmartとAnkerのPowerIQは同性能と考えて良いのだろうか!?

Amazonのレビュー数は今のところ大差は無く、耐久性はなんとも言えないがどちらも高評価である。タイムセールをからめるとRAVPOWERの方がかなり安い。それともやはり待望のホワイトモデルが出たAnkerか!?

(検証RAVPOWER 後編 5ポートUSB−C急速充電器へつづく!)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!