【WordPress初心者向け】RSSフィードの2大最重要設定

2019年9月11日

ワードプレス 初心者必見!

本稿ではRSSフィードの2大重要設定について俺氏の経験を元に解説して行く。

開設当初は見逃しやすい設定なので確認してみてね。

それでは張り切って行ってみよう!

あれ!?皆んなと違って全文読めちゃうけど・・・・

ワードプレスに移行して間も無い頃、RSSフィードリーダーで見た時にフォローしている有名サイトと田舎で趣味レーションの表示が随分と異なる事に気付いた。

な、なんだこりゃ!?(;´Д`A

ほとんどの有名サイトではサムネイルと冒頭の文章が数行表示されていて、下にひっぱるとそのウェブサイトが開くパターンである。

一方、当サイトはフィードリーダー上で全文が読めてしまう。

しかも、さんざん読んでから最後に「本文読みますか?」って下にひっぱる部分が出て来るのだ。

何故なんだ〜(;´Д`A

調べてみると、フィードに全文表示してしまう設定は、コピーサイト被害や、サイトにアクセスする前に読了してしまうなど、デメリットばかりとの事だ。
これは早く修正しなくてはならない。

全く、何故WordPressのデフォルト設定が全文表示になっているんだよ〜((((;゚Д゚)))))))

全文表示から抜粋のみ表示に変更

設定の変更方法は、WordPressの設定→表示設定と進み、RSS/Atomフィードでの各投稿の表示のチェックを"全文を表示"から“抜粋のみを表示"に変えるだけ。

既にフィード受信済みのフィードリーダーは一度キャッシュをリセットしない限り旧設定のまま表示されるが、次回のフィード受信分からは新設定で表示されるようになる。

あれ、サムネイルどこ行った?

設定変更は簡単だったが、WordPress初心者にはなかなか気付きにくい部分だよね(;´Д`A

さて、一応確認っと。

あれ!?︎サムネイルが無い!?

うむ、きっと追加設定が必要なんだな。簡単すぎると思ったよ。WordPressってやっぱり一筋縄にはいかないのねw

サムネイル設置3つの方法

調べてみると、RSSフィードにサムネイルを表示する方法には3つの方法がある事が分かった。

  1. functions.phpにコードを追加する
  2. プラグインで表紙させる
  3. デフォルトで機能を搭載したテーマを使用する

ITボーイの俺氏は無論お手軽な2番で即決だ(`・ω・´)キリッ

なのでプラグインをダウンロードして有効にするだけ。

RSS image feed

サムネイルのサイズや何番目の画像を使うかなどの設定が出来るが、取り敢えずはデフォルトで良さそうだ。

因みに現在はデフォルトでRSSフィードにサムネイル画像を表示できるテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」を使用しているので何の心配も無い。


但しJetpackパフォーマンスの画像最適化設定で、サイトアクセラレーターを有効化すると、ルクセリタスで記述されているRSSフィードのサムネイル情報がリンク切れで読み込まなくなり、RSSフィード自体がエラーを起こし配信されなくなってしまうので注意!

サイト開設時には忘れずに!

以上、RSSフィードの2大最重要設定でした。

手順はチェックの位置を変えるのと、プラグインを追加するだけのたった2つなので超絶簡単だった。
無事、サムネイルと抜粋のみの文章が表示される仕様になりホッと一安心。

今回の設定は俺氏の様なWordPress初心者にはなかなか気付きにくい部分である。

せっかく読者様にRSSフィードリーダーで購読してもらっても、デフォルト設定のままでは実際にアクセスとしてカウントされずに損してしまうぞ。

サイト開設時には必ず設定しよう( ´ ▽ ` )ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!