【WordPress初心者向け】ユーザビリティをアップしよう!

2019年12月4日

君はユーザビリティって考えてる!?

俺氏は最初の頃そんな言葉すら知らなかったぞ(`・ω・´)キリッ

ユーザビリティはサイトの高速化に尽きる。

高速なWordPressテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」に変更してから順調にアクセス数も増えた。

しかし訪問して下さる読者様の為に、更にユーザビリティを向上させるべく、高速化とは別の対策としてサイトのデザインを見直してみた。

一生懸命書いた記事は最後まで読んでもらいたいし、せっかくなら他の記事も見ていって欲しいよね。

そこで本稿では俺氏が実践したユーザビリティが簡単に向上出来るたったの3つのデザインカスタマイズを紹介する。

ユーザビリティ向上カスタマイズ

1.読みやすい背景色とは!?

読みやすいサイトの背景色は、世間一般では断然白背景ということになっている。

知ってはいたが、俺氏は眼がチカチカしてどうも白背景が苦手なのでダークモードの方が好き。

なので始めはLuxeritasにあらかじめ用意されている白と黒の背景色の内、黒背景にしていた。だってベゼルだって黒の方が見やすくない!?

しかし、自分よりも折角見に来てくれた方々が見やすくなきゃダメだと思い、意を決して白背景に変更してみたのだった。

2.サイドバーの位置

さらにユーザビリティを向上させるべく、サイドバーの位置も右から左へ変更。

横書きを読む目線の移動を考えた時、サイドバーの位置は右が良いらしい。

全然知らなかった(;´Д`A

俺氏ってば10数年前のwebのデフォルトテンプレートが左サイドバーばっかりだったから、何も考えずについ習慣で左にしちゃってたのだ。

3.記事一覧の並び方

そして記事一覧の並び方も変更。

一時流行ったタイル型の配置は一見オシャレに思えるが、読者目線だと普通に縦1列に並んでいる方が読みやいとの事だ。

これには俺氏も同感。

単純に時系列に並んでいると、パッとサイトを見た時にどれが最新記事か一目瞭然だもんね。

Luxeritasではカスタマイズ(外観)のグリッドレイアウトで設定する。

3つのレイアウトが用意されている。

  • 通常スタイル
  • タイル型
  • カード型

通常スタイルが1番無難かと思いきやPageSpeed Insightsのスコアが著しく遅くなることが分かった。色々比べてみた結果、俺氏の環境的にはカード型(最大1列)がベストな設定だった。

見た目の個性は無くなっていくが効果絶大

う〜ん、一般的に良いといわれている仕様にカスタマイズしていくと、見た目の個性が無くなっていくなぁ(;´Д`A

なので如何にアイキャッチ画像とタイトルが重要なのかが分る。

しかしセッション時間や直帰率を考えると、華やかさよりもやはり読みやすさ優先って事なんだよね。

そういえば、実際俺氏も調べ物をしてサイト巡りをしている時、そのサイトのデザインまで気にすることって余り無いよな∑(゚Д゚)

今回の見直しで、もしもリピーターが増えてPVが跳ね上るようなことがあったら効果がありという事になる。

もし効果が無い場合、背景だけは黒に戻そうかなと思っていたら・・・・

変えた瞬間からPV跳ね上がったんですけど((((;゚Д゚)))))))

効果絶大である。

セッション時間が長くなり、複数ページ見てくれる人も増えた。

以上、ユーザビリティの向上についてでした。

君も該当するものがあむたら是非試してみてね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!