【ゲーム】往年のファン必見!歌マクロス スマホDeカルチャー

2019年8月30日

35周年を突破した俺氏の愛するマクロスシリーズのリズムゲーム「歌マクロス スマホDeカルチャー」も2周年を迎え絶好調!

それでは歴代歌姫たちが歌って踊る!マクロス初のリズムゲームをロスジェネ世代の俺氏がレポートしよう!

ロスジェネ世代俺氏のプレイレポート

普段ゲームをやらない俺氏もマクロスという事で早速ダウンロードした。

マクロスのゲームはファミコンの「超時空要塞マクロス」以来だ(遠い目)

チュートリアルで最初の歌姫とバルキリーをゲット!

さてとまずは、お決まりのチュートリアル。

最初の歌姫を1人決めるのだか、ロスジェネ世代はリン・ミンメイに即決でしょ(`・ω・´)キリッ

一方最初のバルキリーは選ぶことが出来ず、ハヤテ・インメルマンのVF-31Jジークフリードと固定となる。

ぶっちゃカッコ良かね((((;゚Д゚)))))))

そしてホーム画面はこんな感じ。

楽屋で選んだ歌姫がホーム画面に表示される。もちろん楽屋で着替えた衣装も繁栄されるぞ。

ガチャ要素はプレート

スマホゲームの定番のガチャ要素は"プレート"となる。

このガチャやイベント報酬で手に入るプレートは、歌姫に装備してステータスを上げる事が出来る。

そして強力なプレートを手に入れるとゲームを有利に進める事が出来るというシステムだ。

同一プレートが重複するとレアリティが上がり絵柄がパワーアップする。レアレリティは☆の多さで表され、最大は☆6つとなる。

更にプレートのレベルを上げる事によって新たな衣装やバルキリーを解放できるのでどんどんプレートが欲しくなるという寸法だ。

か、課金なんてしないんだからねキラッ(^_−)−☆

レッツプレイ!

さてメインとなるゲームシステムは、歴代のマクロスの楽曲に合わせてノーツをタップしミッションをクリアしていくという音ゲーである。

画面右のフォールドエネルギーが100%になると途中でカッコいいバルキリーバトルに発展。

そして見事敵を倒す事に成功すると歌姫モードというボーナスモードに突入し、貰えるポイントがアップする。

戦闘でダメージが少ないと超歌姫モードになる。

因みにゲームの苦手な俺氏は、

ノーツを追うのが精いっぱいで折角のバルキリーバトル演出を観ることが出来ない(`・ω・´)キリっ

なんせ、アクションゲームが苦手なもので、未だにスーパーマリオブラザーズをクリアした事が無い程の腕前だ(爆)

スクリーンショットを撮るのも一苦労だったんたから。

しかしコツコツとプレーしているうちに、レベルEASYならフルコンボでクリア出来る様になり、HARDでも楽々クリアできるようになった。

メッチャ爽快で楽しいね(´・∀・`)

コツコツ積み重ねて歌グレードもプラチナBS1に到達!

どんどんクリアしていくと楽曲や歌姫、バルキリーに衣装など様々なものが解放されていくのか楽しい。

イベントや歌姫、バルキリーは超時空要塞マクロス、マクロス7、マクロスF、マクロスΔと4つのシリーズから登場する。

本編のエピソードに沿ったイベントが次々と開催されるので飽きずに楽しめるぞ!

楽曲の解放

プレイヤーランクを1ランク上げるごとに通常時にプレイできる楽曲が記憶の時空で1曲解放される。

お気に入りの楽曲が解放されるまでひたすら頑張るしかない。

だがプレイヤーランク40に到達するとイベント楽曲が一気に解放されてヤックデカルチャーだった((((;゚Д゚)))))))

プレイヤーランク40の節目まで頑張ろう!

ワイヤレスでのタイムラグは!?

俺氏は皆が寝静まった夜にヘッドフォンを装着してプレイする。

そこで先日紹介したワイヤレスヘッドフォンJBL T450BTとApple純正のEarPodsを比較して、気になるワイヤレスのタイムラグを検証してみた。

JBL T450BTはbluetooth4.0だ。ゲーム側でノーツに対してタップの反応するタイミングを細かく設定する事も出来る。Apple純正のEarPodsではデフォルトの設定値0。そのままの設定でT450BTに繋ぎ替えてプレイしてみると・・・・

心配もなんのその、Easyだと違和感無くプレイ出来た!やっぱワイヤレスは快適だね( ´ ▽ ` )ノ

がしかし、Normal以上となるとやはり違和感がありタップミスが目立つ様になった。やはり有線が無難かもしれない。

起動までが超絶長い

こんなに楽しいスマホDeカルチャーなんだが、1つだけ気に入らない点がある。

それはアプリの起動時間が超絶長い事だ!

まあ、ボリュームの大きいゲームなのでしょうがないのだろうけどね、これがまたファミコンのディスクシステムを思い出すレベルなんだな(;´Д`A

往年のマクロスファン感涙!超時空SNS

このスマホDeカルチャー、マクロスと言えば歌なので、歌を楽しめる音ゲーにしたのは大正解と言えよう。

超時空要塞マクロス、マクロス7、マクロスF、マクロスΔの4作品から楽曲が登場するので中々のボリュームだ。

そしてレイナが開発した超時空SNSを通して各時代のキャラクター達が時代を超えてコミニュケーションを取り合うという世界設定がファンにはたまらない。

何よりも各時代、誰も戦死していない状態なのでハッピーな感じでほっこりする。

このIF設定は往年のマクロスファンにとって最高に嬉しいプレゼントなのではないだろうか!?

アップデートで進化するので飽きない

たまに行われる大型アップデートでゲームシステムが拡張されるので飽きずにずっと楽しめる!

リリース当初は封印されていたマクロス7の熱気バサラとミレーヌ・ジーナスも現在は解放されていて一層楽しめる様になっている。

バサラでニンジーンをプレイする破壊力は抜群だぞ((((;゚Д゚)))))))

最大3人の歌姫が登場するユニット・ライブ楽曲が追加されたり、ノーツレーンも6レーンバージョンが追加されて難易度が物足りない人にも配慮された。

何とマクロスプラスの楽曲とバルキリーも登場し進化は止まらない!

アニメも見ると楽しさアップ!

以上、実際にゲームをプレイしてみたレポートでした!

世代を超えた往年のマクロスファン誰しもが楽しめるゲーム内容となっている。

アニメよりもゲームが先だったり、まだ見ていないシリーズがある人に朗報!

AmazonビデオでTV版の超時空要塞マクロス、マクロス7、マクロスF、マクロスΔが提供されている。

そしてプライム会員ならプライム特典になっている時は無料なので一気観のチャンスなのだ!

映像作品も観るとゲームの楽しさがアップする事間違い無しなので是非とも全シリーズを観て欲しい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!