【WordPress初心者向け】Luxeritasと厳選プラグイン

2019年6月8日

プラグインってどれが必要なの!?

本稿はWordPressの特徴とも言えるプラグインのお話だ。

このプラグインという拡張プログラムをWordPressにインストールすることによって、自分好みにサイト環境を拡張していける。

だが沢山種類があり過ぎて最初は何が必要なのかいまいちピントこない。同じ用途のものや名前が似ていて紛らわしいものも沢山ある。

俺氏も最初、右も左も分からずパッケージプラグインと必要だったものを調べて追加して、9つのプラグインでスタートした。それからどんどん増えて行き、とうとう20個を越してしまい、しまいにはプラグインが原因で500エラーでサイト真っ白事件が起こってしまった。

俗にいう「サマー・オブ・ラブ」である(嘘)

この事件をきっかけにWordPressテーマをSEO対策済みで高速、機能も豊富に備えたLuxeritas(ルクセリタス)に変更してからは、プラグインを大幅に減らすことに成功。

現在では厳選した16個のプラグインに落ち着いたのであった。

っていうか、まだ16個もあったのか((((;゚Д゚)))))))

それでは、ざっくりジャンルことに分類してみたので参考にどぞ!

セキュリティ系

国産のファイヤーウォール型プラグイン。Akismetよりも圧倒的に軽いらしい。

サイトをSSL化してくれる神プラグイン。サイトURLの書き換え、コンテンツ内のURLの文字置換、301リダイレクト設定、混在コンテンツ修正をしてくれる。

SEO系

サイト内のリンク切れをダッシュボードに通知してくれる。

投稿時に、自動で Google などに Push 通知してくれる。

RSSフィードにサムネイルを表示してくれる。使い方はこちら↓

※最新版のルクセリタスにはこの機能が実装されたので現在は未使用。

デフォルトだと一文字更新しただけでもpingを打ってしまうpingマシンガン状態を更新時のみにしてくれる。

簡単に記事下スペースにFacebookのいいねボタンとTwitterのフォローボタンを表示出来るプラグイン。

FacebookとTwitterに過去記事を自動投稿してくれる。

サイト高速化系

小型軽量キャッシュプラグイン。ちょっとだけ高速化できる。

ゴミ箱の中身や投稿のリビジョンを消すことが出来る。不要なデータが溜まると動作が遅くなるので、定期的に消した方が良い。

入力補助系

問い合わせフォームを作るのに便利な定番プラグイン。お問い合わせページで使った。

ツールバーを拡張するプラグイン。文字の色や大きさなどを簡単に変えられてコードに疎い俺氏にとてもやさしいプラグインである。

パッケージプラグインで最初から有効になっていた。日本語で書くなら必須なプラグイン。

画像管理系

取り込んだ画像のサイズを自動で圧縮してくれる。

アップロードした画像に自動でウォーターマークを付けてくれる神プラグイン!

使い方はこちらの記事をどぞ↓

アナリティクス系

統計を取ったり、サイトマップを作ったり、SNSと連携したり様々な機能を持ったマルチなプラグイン。iOSのWordPressアプリを使うなら必要になる。

バックアップ系

ボタン一つで簡単にバックアップ出来る。

プラグインは必要最小限に!

以上、実際に俺氏が使っているプラグインの紹介でした。

プラグインは色々入れると便利になる反面、サイトスピードが落ちたり、競合したりして快適とは言えなくなる場合がある。

なので最初からSEO対策済みで高速なテーマを利用して極力数を減らしたいところだ。

そこでLuxeritas(ルクセリタス)はプラグインを減らしたい人に是非試してもらいたい超絶おススメなWordPressテーマなのである。

All in One SEO PackやW3 Total Cacheといったプラグインを使わずともシンプルで高速な環境をゲットすることが出来るぞ。しかもなんと無料である!もはや神だ。

便利なプラグインも必要最小限に整理しよう( ´ ▽ ` )ノ

ルクセリタス導入編はこちら↓

ルクセリタス初期設定編はこちら↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!