【WordPress初心者向け】SNSとの連携を強化しよう!

2020年4月10日

サイトの立ち上げが落ち着いたら、そろそろSNSとの連携を強化してもっと多くの人に見てもらう努力をしよう。

本稿では俺氏が実践したFacebookとTwitterを使った5つの方法を紹介。

それでは張り切って行ってみよう!

SNSとの連携5つの方法

1.Facebookページを作成

個人のFacebookで営業するのは良くないらしい。なのでブログとアプリと群れリグ3つのマネージメントをしているmakiriri.com名義でFacebookページを作成をしたぞ。

因みに独自ドメイン名でもあるmakiriri.comは子供達の名前をシンクロ合体させたものだ。

2.Twitterのアカウント作成

ブログ用のTwitterアカウントを作成する。

Twitterは比較的フォロワーを獲得しやすいしお知らせなどの告知もしやすい。

俺氏はほぼ放置していたTwitterアカウントのプロフィールを広報用に変更して有効利用する事にした。

プロフィールにブログのURLを入れるのを忘れずに。

3.Jetpackのパブリサイズを有効化

プラグイン、Jetpackのパブリサイズ設定をオンにして、記事投稿時にSNSにシェアするようにする。1,2で設定したFacebookとTwitterにシェアされる。

海外からのアクセスにセキュリティをかけている場合は一時的に設定を変更する必要があるので注意。

4.Revive Old Postで過去記事を投稿

開設当時は記事数が少ないので大いに役立ったプラグインを紹介する。

過去記事をランダムに抽出してSNSに自動投稿してくれるRevive Old Postというプラグイン。

田舎で趣味レーションは速報系サイトではないのでフォロワーの皆さんに過去のマニアックなコンテツも是非読んでもらいたいという思いがあるのだ。

利用できるSNSも豊富で、投稿ペースや冒頭文など細かく設定ができる。

こちらも1,2で設定したFacebookとTwitterを利用する。

定形文には過去記事だと言う事を分かりやすく記載しよう。

5.この記事が気に入ったらいいね

超絶簡単に記事下のスペースにFacebookのいいねボタンとTwitterのシェアボタンを設置できるこの記事が気に入ったらいいねというプラグインを導入。

ただプラグインの更新が行われなくなったので現在は停止中である。

Push7も利用したい場合はVA Social Buzzというプラグインを使うと良いそうだ。

はたしてPVは増えたのだろうか!?

以上、SNSとの連携方法の解説でした。

継続的な読者を獲得してPVを増やすべくSNSとの連携を強化してみた結果、Facebookページ、Twitter共にフォロワーがじわじわと増えてそこからの流入も増えた!

検索以外の流入元の確保は大きな効果がある。

君も是非SNSとの連携を強化してみよう!