【LEGOレビュー】75218 Xウィング・スターファイター

2019年8月20日

「LEGOレビュー」は俺氏所有の懐かしいレゴ「なつれご」とは別に子供達のLEGOをレビューするコーナー。

俺家の子供たちは主にディズニー系のLEGOを集めているぞ。

今回紹介するのは長男7歳の誕生日にプレゼントしたレゴ スター・ウォーズの人気モデルだ。

高価なモデルだったので、モノレートで価格変動をモニターし続けて、Amazonのキャンペーンで1番安い時にゲットしておいた。

それでは張り切っていってみよう!

75218 Xウィング・スターファイター

反乱同盟軍レッド中隊のT-65B Xウィング・スターファイターはモデルチェンジを繰り返し進化し続けるレゴ スターウォーズにおける看板モデル。今回購入したこちらは2018年バージョンとなる。

対象年齢8〜14歳となっているが、袋が6つに分かれていて説明書も分かりやすく当時7歳の長男でもサクサク組み立てられた。

唯一、スタッドシューターのはめ込みが固くて頼まれたくらいである。

昔のレゴしか作った事のない俺氏にとっては、単なる縦積みではなく3次元的な造りが新鮮だった。

2日に分けて計3時間程で完成!

それでは細部を見ていってみよう。

付属ミニフィグ

ルーク・スカイウォーカー(レッド5)

エピソード4「新たなる希望」のルーク・スカイウォーカー。

ヘルメットにオレンジのパイロットスーツを着用。

ライトセーバーとブラスターが付属。

表情は2種類。

R2-D2

ルークのアストロメク・ドロイドはもちろんお馴染みのR2-D2だ。

ビッグズ・ダークライター(レッド3)

惑星タトゥイーン出身でルークの幼い頃からの親友。ヤヴィンの戦いでダース・ヴェイダーのTIEアドバンストに撃墜され戦死する。

ルークと同じオレンジのパイロットスーツだが、ヘルメットは劇中デザインが再現されている。

ブラスターが付属。

こちらも表情は2種類。

R2-Q2

ビッグズのアストロメク・ドロイド。

外観・ギミック

外観

文句無しでカッコいい。

嗚呼、全方向カッコいい。

所々ウェザリング加工でアシンメトリーになっているのがリアルだ。

ブースターのメカメカしさがカッコいい。

ドロイドソケット

勿論ドロイド・ソケットもバッチリ。R2がすっぽり収まる♪

可動式ウィング

Xウィングの醍醐味である巡航モードと戦闘モードの変形をレバーによりチェンジ出来る。

システムにはシリコンループを左右前後に4本使用している。

コクピット

1×2のプリントスロープで狭いコクピット内を有効活用。消火器も完備。

ランディングギア

ランディングギアのお陰でカッコよくディスプレイ出来る。ちゃんと折りたためるぞ。

スタッドシューター

コクピット真下にある2門のプロトン魚雷ランチャーがスタッドシューターとなっている。第1デススターのコアに打ち込んだやつだよね。

スプリングシューター

ウィングに4機あるレーザー・キャノンはスプリングシューターとなっている。

結構な勢いで射出されるのでびっくりする。

劇中のシーンを再現して遊ぼう!

ベン・ケノービ「ルーク、自分の感覚を信じるのだ」

ルーク「!?」

ルーク「・・・・」

更に他のスター・ウォーズシリーズと一緒に遊ぶと世界が広がり楽しさが倍増!

75208ヨーダの小屋と組み合わせて長男(当時7歳)とストップモーションアニメを楽しむ♪

以上、スター・ウォーズファンならば是非おさえておきたいオモ写も楽しいXウィング・スターファイターの紹介でした。

これ1機で永遠と遊んでいられるね(`・ω・´)キリッ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!




LEGO

Posted by K☆太