【おすすめアニメ】全俺が号泣 象の背中

2018年6月26日

俺氏のアニメDVDコレクション

この【おすすめアニメ】というのは、俺氏のアニメDVDコレクションの中から、是非とも観て欲しいマイナーな作品やひと昔前の作品にスポットを当てて紹介しいくカテゴリーである。 何故映像の綺麗なBDではなく、わざわざDVDを選んで購入するかというと、車で子供達に見せたいからだ。 俺家の住む北海道はとても広く、隣町に行くだけでもいちいち遠く、子供達は速攻で飽きてしまう。 本当は壮大な景色でも観ながら歌でも歌っていて欲しいが、壮大な景色も毎日見ているとありがたみも無くなるよね(苦笑) そんなまだ就学前の乳幼児が飽きない様に安全に座っていられる工夫という背景があるのだ。
さて今回は全俺が号泣したショートムービーをご紹介しよう。

象の背中-旅立つ日-

「象の背中-旅立つ日-」は2007年に公開された超ショートアニメムービーだ。原作はAKB48のプロデューサーでお馴染みの秋元康氏で、漫画・絵本・アニメ・映画・テレビドラマ作品と幅広く展開された象の背中シリーズの中の1つである。俺氏は観たことは無いが役所広司主演の映画版の存在は知っていた。だが、「日本一泣ける303秒」というキャッチフレーズで超メジャーな作品らしいのに、オススメ動画で知るつい最近まで知らなかったのである((((;゚Д゚)))))))

尺の割に相場が高い

DVDの価格は¥1900(税抜き)と、本編7分という尺の割に割高である(;´Д`A

しかし、どうしても手元に置いておきたかったので中古で探してみた。すると運良くポストカードブック付きの初回版DVDをゲットする事が出来た!

このポストカードは内容が内容なだけに、暑中見舞い等には使えない(汗)これは俺氏の遺書にしよう(`・ω・´)キリっ

嗚呼、ポストカードブックを見ているだけで涙が出る(;´Д`A

全俺の涙が止まらなかった

俺家と象家の家族構成は全く同じで、年齢設定も近いこともあり重なって見えてしまい全俺の涙が止まらなかった(´;ω;`)ブワッ

城井 文(しろい あや)のとても優しいタッチの作画が余計悲しい気分にさせる(´;ω;`)ブワッ

そしてJULEPS(ジュレップス)の歌がまた涙を誘うのだ(´;ω;`)ブワッ

因みに字幕だけでも泣ける。実は俺氏が初めてオススメ動画で観た時は無音で字幕。それでも号泣だった。

更に20年後を描いた続編「象の背中-バトンタッチ-」というのもあるぞ。これも泣ける(´;ω;`)ブワッ

併せて手に入れたかったのだが何故か中古市場に全然出回っていない(汗)

AKB48など最近のアイドル事情にめっきり疎くなってしまった俺氏だが、改めて秋元康氏の作家としてのマルチな才能に脱帽したのであった。

全国のファザー達へ

是非全国のファザー達に観てもらいたい。泣かせるショートムービーは数多くリリースされているが、「象の背中-旅立つ日-」はたった303秒なのに具合が悪く成る程泣ける作品だ。もし仕事や会社、人間関係に押し潰されて死にたい気分になった時はこの作品を観て心の支えにして欲しい。

そして誰よりもまず恐妻である嫁氏にも観てもらいたい作品なのである(´;ω;`)ブワッ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!