人気記事

【いいモノ】ヘッドライトGENTOS HEAD WARS

いいモノ




釣りに使用中のヘッドライト

夜釣りがメインの俺氏にとってヘッドライトは欠かすことのできない重要なアイテムである。手持ちのライトと違い両手が使えるのは大きなアドバンテージとなる。災害時にも役立つアイテムだ。

今回のいいモノはヘッドライトで有名なジェントスのリーズナブルで高機能なヘッドライトを紹介しよう!

GENTOS HEAD WARS

ジェントスのラインナップにおいて耐塵・耐水仕様、モーションセンサー、オートディマーモード、ハイブリッド電源などの機能が充実するGシリーズやプロ・ベーシックシリーズは価格も高くなる。しかし俺氏が長年愛用しているヘッドウォーズシリーズは機能を抑えた分リーズナブルに手に入れる事ができるコスパ最高のモデルなのである。

俺氏は爆発的なヘッドウォーズブームを巻き起こした3連サブLED搭載の旧モデルHW-767Hから使用している。しかし、ボトムズみたいで見た目がカッコいい3連サブLEDの使い道が全く見出せなくて後継機のHW-777HはパスしてHW-999Hに買い替えて現在に至る。

現行モデルではサブLEDが完全に廃止されてシンプルになったぞ。3モデルがラインナップ。

HW-888H

  • 明るさ:200ルーメン
  • 照射距離:91m
  • 照射特性:ワイド
  • 点灯時間:10時間
  • 重量:192g
  • 保護等級:防滴仕様(IPX4準拠)
  • 付属品:ヘッドバンド、ラバーバンド、オリジナルポーチ、ヘルメットホルダー、テスト用電池

HW-999H

  • 明るさ:230ルーメン
  • 照射距離:132m
  • 照射特性:フォーカスコントロール
  • 点灯時間:8時間
  • 重量:198g
  • 保護等級:防滴仕様(IPX4準拠)
  • 付属品:ヘッドバンド、ラバーバンド、オリジナルポーチ、ヘルメットホルダー、テスト用電池

HW-000X

  • 明るさ:300ルーメン
  • 照射距離:176m
  • 照射特性:フォーカスコントロール
  • 点灯時間:8時間
  • 重量:198g
  • 保護等級:防滴仕様(IPX4準拠)
  • 付属品:ヘッドバンド、ラバーバンド、オリジナルポーチ、ヘルメットホルダー、テスト用電池

GENTOS HEAD WARS HW-999H

それでは現在俺氏が愛用しているモデルを紹介しよう。

外観

かっこいい。横方向と縦方向のベルトでしっかり固定。電池ボックスが後ろに配置されて重量バランスが良い。

ライト

高輝度チップタイプ白色LED。明るさは230ルーメン。ライト部分は下向きに角度調整できる。

フォーカス

HW-767Hでは硬くて調節しにくかったフォーカスも滑らかになった。フォーカスは良く使う機能なので外せない。

スイッチ

大きくて押しやすい。3段階で明るさ調整出来る。

電池ボックス

後ろにあるのでバランスが良いし、かがんだ時に落下しにくい。オレンジのスイッチで赤色の作業灯を点けることが出来る。単三乾電池を3本使用。エネループも公式対応だ。この単三ってのがポイント。単四だと緊急時に用意しにくいのだ。

耐久性

約3年間海釣りと除雪作業に使用しているが、まだ壊れた事が無い。IPX4準拠ということで防水もしっかりしている。因みにHW-999Hの前に使っていたHW-767Hは電池ボックス内が結露し、ショートして壊れてしまった。約5年間使用して電池ボックスの気密性が低下したのが原因だろう。

 

選ぶべきモデルは⁉︎

俺氏が次にヘッドライトを買い替えるとしたら迷わずHW-000Xで決まりだ。HW-999Hと同じ重さと点灯時間なのになんと明るさが300ルーメン!どうせ買うなら明るい方が良い。価格差も僅かな物だ。HW-888Hは少し暗い分価格が安いがフォーカスコントロール出来ないのでパス。

Gシリーズやプロ・ベーシックシリーズは耐塵・耐水仕様。充電でも電池でも使えるハイブリッド仕様はシガーソケットで充電できたりと確かに便利だが、同等の明るさとなるとお値段も相当高くなる。それに、経験上モーションセンサーは誤作動がうっとおしいので正直おすすめしない。明るさメインで考えるとヘッドウォーズはシンプルで明るいコストパフォーマンスの高いシリーズなのである( ´ ▽ ` )ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!




いいモノ

Posted by K☆太