【こまもりのお仕立て券】子どもの絵をお守りに刺繍してプレゼント!

2021年7月24日お父さんのライフハックパパママ必見

こんにちは。プレゼントした相手の笑顔にほっこりするのが好きなK☆太(@makiriri_com)です。

その笑顔を見たらまたプレゼントしたくなっちゃうんだよね。

本稿ではそんな俺氏が嫁氏への誕生日プレゼントで定番となった超絶ステキなギフトを紹介する。

おすすめなのでぜひ全国のお父さんに見て欲しい。

それでは張り切っていってみよう!

こまもり

本稿で紹介する『こまもり』とはお守りである。

有限会社グラムスが展開する子どもの絵を郵送するとお守りに刺繍して送り返してくれるという超絶ステキなサービスである。

絵の再現性が実に忠実でありキシリア様に届けたいほどのいいモノなのだ!

発注手順

それではお仕立て券の購入から発注まで手順を解説していこう。

1.こまもりのお仕立て券を購入

まずはこまもりのお仕立て券という発注キットを購入する。

価格は¥2640とギフトにはお手頃な価格だ。

セットには封筒、発注書、送り先カード、メッセージカードが入っている。

2.子どもに絵を描いもらう

絵は発注書に直接描いても別紙に描いて貼ってもOKだ。

お守りの表が絵で裏がメッセージとなる。

使える刺繍の色は赤、青、黄、緑、ベージュ(はだいろ)、黒の6色。

該当しない色でも近い色に置き換えてもらえる。

お絵描き遊びしているときにさりげなく「ママの顔を描いてみて」というとうまくいくぞ。

幼稚園や保育園などで描いてきた母の日の作品をカラーコピーするのでもOKだ。

3.メッセージカードと一緒に郵送

送り先カードとメッセージカードを記入して同封する。

送り先をプレゼントする相手にすると直接送ることもできるぞ。

封筒には切手がすでに貼ってある。

4.発送メールで画像確認

発送時のメールででき上がり画像を確認できる。もし直したい箇所があれば修正してもらうことも可能。

製作から発送までの期間は約2週間ほどとされているのでプレゼントする日から逆算して余裕を持って発注しよう。

ちなみにこれは長男画伯(当時2歳)の作品である。

ウインクして舌を出しているように見えるが本人が狙って描いたかは定かではない。

5.届いたらプレゼントしよう!

届いたたらワクワクしながらプレゼントしよう!

こまもり

2つ目は長女画伯(当時2歳)。

うむ、実によく特徴をとらえている。まるで写真のようだね(`・ω・´)キリッ

メーセージは一緒に書いた。

余談だが2歳にして簡単とはいえ自分の名前を書けるので驚きである。

でき上がりがも安定のハイクオリティだった。

3つめは次女画伯(当時3歳)

多少生首が転がってる感は否めないがダイナミックでいい(`・ω・´)キリッ

仕上がりはいつも安定のハイクオリティである!

嫁氏の反応

これまで「はじめて描いたお母さん」というテーマで3人分プレゼントした。

いつも俺氏からのプレゼントはノーリアクションで喜びもしないし使いもしないことも多い嫁氏も、こまもりだけは鞄に付けて肌身離さず付けている。

愛する子どもからのプレゼントだもの当たり前だよねw

祖父母も喜ぶこと間違い無し!

以上、こまもりのお仕立て券の紹介でした。

こまもりはプレゼントに悩む全国のファザーにぜひおすすめなワイフをイチコロにするギフト。

おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントしても喜んでもらえること間違いなし!

お、俺氏もプレゼントされたい(´;ω;`)ブワッ

取り扱い実店舗はごくわずかなので公式オンラインショップで購入しよう。

楽天市場でも購入できるぞ!