【発掘なつレゴ】6683 ハンバーガースタンド

発掘なつレゴとは!?

「発掘なつレゴ」は俺氏の実家に眠っていた懐かしいレゴを発掘し再生して紹介するコーナー。

「なつレゴ」とは昔のレゴ情報サイト「7205(なつレゴ)」様による造語で「懐かしいレゴ」の事である。

なんと街シリーズのカタログなら1979〜1999まで網羅している。

もはや神だね((((;゚Д゚)))))))

なので手持ちのカタログでカバー出来ないモデルは7205様で調べさせてもらっているぞ。

因みに俺氏の手持ちのカタログは1984年~1986年↓

それでは張り切って行ってみよう!

6683 ハンバーガースタンド

「ハンバーガーショップ♪ハンバーガーショップ♪熱い闘い♪ハンバーガーショップ♪」

失礼しました。

こちらのモデルはカタログには1983年・1984年と2年に渡り掲載されていた。

1971年にマクドナルド日本第1号店が銀座にオープンしてから10年が経過し、すっかり国民にも浸透した頃だろう。

因みに建物のセットなのに何故か型番の百の位が3にならない不思議なモデル。法則だと6383となりそうなんだが。

付属ミニフィグ

店主

新たな帽子のバリエーションとして登場したコック帽がイカしている。

お客さん

流行の最先端を行くピチピチギャルはファーストフードでオシャレにランチ♪

上下ジャージにしか見えないが当時はナウかったのだろう。

1×1のタイルパーツをお金とするのもこれが初の試みではないだろうか!?

これが現在の丸型のコインに繋がるアイディアだったと考えられる。

デティール

ステッカーと塗装済みのパラソルでとってもポップな仕上がりとなっている。配色も絶妙。

少ないパーツ数でこの表現力には感心するばかり。

そしてこの小さなプレート上にレアパーツが惜しみなく使われているのも凄い。

それでは細部を見てみよう。

狭い室内だが工夫されている。

プリントスロープのレジスターが流行りのファーストフード感を演出。

そしてハンバーガーのアイディアも素晴らしい。

当時レゴ界に食べ物は無かったのでこのアイディアは衝撃的だった。直ぐに手持ちのパーツで量産したのは言うまでもないw

そして当時はクリアのコップにも感動したんだっけな(遠い目)

現在のハンバーガースタンド

以上、レゴでのおままごとを可能にしたアイディアいっぱいのハンバーガースタンドでした。

「俺これ持ってたよ(´;ω;`)ブワッ」ってなった人はいたかな!?

現在のハンバーガースタンドはどんなものかと調べてみると、「ハンバーガーショップの火事」と言う何ともショッキングなモデルとなっていた((((;゚Д゚)))))))

比較の為に俺氏所有のなつレゴで再現してみる。

店主「ひぃぃ、わしの店が~((((;゚Д゚)))))))」

消防隊員「おのれ、ハンバーグラーめ!」

どうなるドナルドどっきどき♪

それではまた次の発掘なつレゴでお会いしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!




LEGO

Posted by K☆太