【Transcend】TimeMachineに愛用中の耐衝撃モバイルHDDを紹介

2021年4月30日ガジェット・自作アプリガジェット

こんにちは。M1チップ搭載MacBook Airが欲しいK☆太(@makiriri_com)です。

現在俺氏の作業環境はiMacだが将来的にMacBookに買い替えることを見据えてTimeMachine用の外付けHDDはバスパワータイプを使用している。

この手の信頼が命のガジェットは実際に使っている人の生の声が聞きたいよね。

俺氏も冒険せずにレビューの評価が高いベストセラーアイテムを選ぶ。

そこで本稿では生の声として俺氏が愛用している外付けHDDを紹介する。

張り切っていってみよう!

Transcend StoreJet25M3

トランセンドの耐衝撃でバスパワータイプのモデル。

容量は500GB、1TB、2TBと選べる。

500GBと1TBは価格差がほとんどないので1TBの方がお得である。

俺氏は1TBのモデルをタイムセールでおまけのケース付きで購入できた( ´ ▽ ` )ノ

レビュー

内容物

  • 本体
  • USBケーブル
  • クイックスタートガイド

外 観

俺氏のチョイスしたカラーはアイロングレーというグレー感のないほぼブラックなカラーでワンポイントにグリーンのラインが入っている。

ほかにミリタリーグリーンとブルーがある。

米軍の落下試験規格に相当する3層構造の衝撃保護システムを備える。表面のラバー素材は滑り止めの効果もあるヌメッとした質感だ。

電源を入れるとスイッチの周りが青く光る。

今どきの外付けストレージでは当たり前の仕様だが、つなぎっぱなしだといちいちスイッチを押さなくても勝手に起動する。

本体が耐衝撃ボディなのでケースはメッシュ素材の簡易的なもの。

だがロゴ入りの公式商品だったことに驚いた。

100均のケースより断然雰囲気が出るよね。

スペック

  • インターフェイス:USB3.1/3.0
  • ストレージメディア:2.5インチSATA HDD
  • サイズ:129.5mm x 82.4mm x 20.4mm
  • 容量:1TB
  • 出荷時フォーマット形式:NTFS
  • 特徴:耐衝撃ボディ

使用感

Transcendのベストセラーだけあって安心感がある。メーカー保証もばっちり3年付いているのもうれしい。

使用方法にもよるがTimeMachine程度の仕事量ならさほど発熱しないしバスパワーで懸念される電力不足も起きていない。

表面のラバー素材が滑り止めになって落としにくいのも良い。

耐衝撃ポータブルSSDも出た!

以上、Transcend StoreJet25M3の紹介でした。

競合する他社の耐衝撃ポータブルHDDと比較した時にアドバンテージとなるのは高い実績と安い価格。

その点ではTranscend StoreJet25M3はレビューの評価も高くお手柄価格。

容量もTimeMachine用にちょうどよく性能と価格のバランスの取れたおすすめの外付けHDDなのである。

そして待望のSSDバージョンもリリース!

HDD版で高い信頼が実証されたので次はこれを買いたいと思っている。

これから買うならまだ価格が高いが次世代ストレージのSSDバージョンをおすすめする。

SSDバージョン↓