人気記事

【いいモノ】お値打ち高機能ゴーグルSWANS INDY

いいモノ




北海道の田舎はスキー天国

北海道の田舎はスキー天国が多い。俺氏の住む田舎町自体にスキー場は無いが、車で1時間もかからない所に雪質の評価が高く世界でも大人気のキロロスノーワールドがある。しかも1時間ちょっと走ればかのニセコ連峰へも行けてしまう恵まれた環境だ。なので俺家の冬はウインタースポーツ三昧なのである。「何で俺、北海道に住んでいるんだろう⁉︎」と自問自答しながら除雪だけで過ごす冬は勿体ない。スキーやスノーボードでもっと冬を楽しんじゃおう!

ということで今回のいいモノはスキーグッツの紹介だ!

SWANSは日本の山本光学

SWANS(スワンズ)は創業100年を誇る日本のアイウェア業界の老舗、山本光学株式会社のブランド。技術力は世界トップレベルでOEMも請け負っている程。スキーゴーグルのUVカットとアンチフォグに至ってはもはや標準装備である。

現在俺氏と息子マー坊愛用のスキーゴーグルはこのSWANSなのだ。

因みに嫁氏はOAKLEY(オークリー)、娘のリリちゃんはUVEX(ウベックス)だ。やはり女子は欧州のオシャンティなブランド品に滅法弱い(;´Д`A

マー坊使用のジュニアモデル

マー坊が使用しているのはピンクレンズ・ダブルレンズ・眼鏡対応・ヘルメット対応のJUMPIN-DHという5歳〜10歳向けのジュニアモデルだ。

このスペックと同等の人気海外ブランド品と比べると、驚くべき低価格で手に入れる事が出来る。ゴーグルを選ぶ基準として、ダブルレンズは必須の機能。ジュニア用でダブルレンズって以外と無いので貴重なのである。

レンズカラーはこの年齢だとナイターはあまり滑らないのでピンクレンズが見やすくておすすめ。唯一残念なのがケースの巾着袋が付属しないこと。

謎のモデルINDY

さて今回の本題。俺氏は偶然にもINDYという公式サイトに掲載されていない謎の廉価モデルを発見した。中でもINDY-PDHは偏光ピンクレンズ・ダブルレンズ・ヘルメット対応というスペックで実売価格は¥5000を切るというとんでもないコスパ最高のモデル。これってワゴンゴーグル買うよりお得じゃね!?因みにミラーレンズ仕様のINDY-MPDHにスペックアップしたとしてもバーゲンプライスだ。

タイミング良くセールで71%オフになっていたSWANSのヘルメットとセットで購入してみたのであった。

INDY-PDHレビュー

外観

俺氏の購入したフレームカラーは当時最安値だったブルー。偏光ピンクのダブルレンズである。なんと¥2808+送料でゲットした。最安値を狙うならAmazonより楽天市場が有利。

デザインは至って普通。ザ・ゴーグルって感じだ。唯一端っこの偏光の証しである「POLAtec」の文字が誇らしい。

フィット感

流石は技術の日本が誇る山本光学。究極のジャパンフィットを実現している。平たく鼻の低い顔の俺氏でもピッタリだ。

視認性

今までゴーグルといえばオレンジレンズのワゴンゴーグルを使用してきたが、初めてピンクレンズを使用してみてとても見やすくなり驚いた。しかも偏光レンズって遠くのギャップまではっきり見えて凄い感動!この価格でこのスペックが手に入るなんて信じられない((((;゚Д゚)))))))

ヘルメットとの相性

このSWANSのヘルメットHSF-200Mも一点物の掘り出し物で色は選べなかった。だがこのSWANS最安値コーディネート、以外とマッチしていて全俺が気に入った。もちろん顔に隙間なんてできないぞ。

ベルトにゴムの滑り止めがついていてツルツルしたヘルメットの素材でも滑らないのも嬉しい。

クオリティ

1シーズン使ってみて全く問題無かったので2シーズン目に突入。メイドイン中国だがクオリティも耐久性もバッチリだ。ケースの巾着袋が付いてくるのも地味に嬉しい。

機能美を追求

デザインやブランド力ではOAKLEYやUVEXが人気だが、技術の日本が誇るSWANSは機能美を追求したブランドであり、究極のジャパンフィットも実現。レンズの技術もハイレベルで、OEMを請け負うだけあり品質も折り紙つきだ。とりあえずでワゴンゴーグルに手を伸ばす前にこのINDYシリーズを一度チェックしてみて欲しい。レンズ交換可能なハイエンドモデルや、球面レンズ、眼鏡対応モデルなどが必要無ければ、驚くほど低価格で快適な視界を手に入れる事が出来る。

価格はショップによりばらつきがあるが、少しでもリーズナブルに高機能なゴーグルをゲットしたい人に是非おすすめのゴーグルなのである!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!




いいモノ

Posted by K☆太