【ワークマン】売り切れ必至!フルジップコットンパーカーを紹介

高機能低価格でキャンパーや釣り人からも絶大な人気を誇る作業着メーカーワークマン。

そのワークマンからキャンパー達から絶大な人気を得た綿かぶりヤッケ、綿アノラックパーカーと続く綿100 %作業着シリーズ待望のフルジップバージョンが2019年10月に発売された!

俺氏も無事ゲット出来たのだ( ´ ▽ ` )ノ

レビューするので迷っている人は参考にしてみてね。

それでは張り切って行ってみよう!

開発には公認ワークマン女子のサリーさんが参加

開発には人気ブログ「ちょっとキャンプ行ってくる。」のサリーさんが参加している。

ママキャンププランナー&公認ワークマン女子というファミキャンのスペシャリストだ。

そもそも俺氏はサリーさんのブログを愛読していて、綿アノラックパーカーの事もフルジップパーカーの発売についても情報を得ていたのだった。

作業着メーカーが本気でアウトドアウエアの開発に乗り出したのだから凄い事だよね。

人気の理由は焚き火で穴が空かない事

ところで何故キャンパー達から絶大な人気を得たかというと、高額な綿100 %の焚き火ウエアがたった¥1900で買えてしまう事だ。

元々は溶接工向けに作られた綿かぶりヤッケも綿100 %なので火粉に強く同様の使い方が出来るという事がキャンパー達の間で口コミで広がったのである。

そして売り切れ続出となり、急遽キャンパー向けに第二弾の綿アノラックパーカーを開発したのであった。

しかし、綿アノラックのハーフジップは着にくいという事で購入を見送る人も多く、俺氏もその1人であった。

そこで今回発売された待望のフルジップコットンパーカーは売り切れ必至というわけで俺氏も発売と同時に札幌まで買いに行った訳である。

フルジップコットンパーカー

それでは新発売のフルジップコットンパーカーを紹介して行こう。

4色のバイカラーと1色のモノカラー合わせて全5色の展開となる。

買いに行った時は全色店頭に置いてあった、

俺氏が選んだのは唯一の単色カーキ。

ワークマンが展開するアウトドアチャンネルFieldCore(フィールドコア)からのラインナップとなる。

綿100%で製造は中国。

気になる価格は¥2500(税込)で綿アノラックより¥600アップとなった。

理由は改良点を見れば納得である。

☆改良点☆

ハーフジップ→フルジップ化

ポケットのスナップ→綿かぶりヤッケのジッパーに戻した

袖のペン差し→廃止

増税に加え、妥協ぜずにYKKのファスナーを使っているのでどうしてもコストは上がるよね。それでも十分安い!

基本的なデザインは綿アノラックパーカーを踏襲している。

首元のデザインが俺氏1番のお気に入りのポイントだ。

ポケットは綿アノラックパーカーのスナップから綿かぶりヤッケのジッパー式に戻った。俺私的にはこれは嬉しい変更点。

タグは綿アノラックパーカー同様に左下にワンポイントで入る。

袖も綿アノラック同様にベルクロで絞れる。だが俺私的には綿かぶりヤッケの二重袖の方が好みだったのでここは残念だった。

着用感

俺氏は178cm60kgでサイズはLLをチョイス。

普段はLなのだが袖が足りなかったのだ。

俺一族は腕が長く、よく引きずって歩いていると言われるからなw

実際に、店舗に赴いて良かった。

重ね着を想定する場合はもうワンサイズアップが妥当である。

それと1枚ものでペラペラに薄い為、防寒着としての能力は低いので注意が必要だ。

気軽に着られるアウトドアウエアの決定版!

以上、フルジップコットンパーカーの紹介でした。

価格が上がったが着やすくなったので綿アノラックパーカーを見送って待った甲斐があった。

発売と同時に希望のカラーがゲット出来て喜びもひとしおである(´;ω;`)ブワッ

価格が手頃なのでキャンプやBBQで火の粉を気にせずにガンガン着られるアウトドアウエアの決定版と言えよう。

サイズ選びの際は、実際に店舗に足を運び試着する事をおすすめするぞ。

君も好みのカラーをゲットしてキャンプでガンガン着ちゃおう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!