【自分で交換】カビてない!?車のクリーンエアフィルター

車に乗ると咳が止まらない!?

最近、車に乗ると湿った咳が止まらなくなる。

これってまさか今流行りのエアコンが原因の喘息ではないだろうか!?(;´Д`A

エアコン内に発生したカビでアレルギー反応を起こし慢性的な成人気管支喘息になるってやつだ。咳喘息や大人喘息とも言う。40歳を過ぎてからなる人も多いらしい。

エアコンのクリーンエアフィルターは車検時に毎回交換しているが、ひょっとすると2年もたないのかもしれない。

なので恐る恐る見てみると・・・・

 

真っ黒だべさ((((;゚Д゚)))))))

クリーンエアフィルターを交換

という事で即交換決定!原因はコレで間違いないでしょ。

エアコンのON・OFF、内気・外気の循環経路問わず、吹き出し口から出てくる空気はまず始めにクリーンエアフィルターを通過する。なのでそこがカビてしまうというのは大変な事なのである。

 

意外と知られていないが交換作業は一切工具も使わず簡単。なので今回は自分で交換する事にしたぞ。

それではレッツトライ!

部品発注

まずは部品の発注。低価格な商品も販売されていたが、無難にディーラーでも取り扱うDENSO製をチョイス。

DENSOでは1年に1回または走行10000kmに1回の交換を推奨していた。あちゃ~知らんかったわぁ(;´Д`A

購入の際は適合表での確認を忘れずに。

ダイハツ タント用(L375・L385)

トヨタ アルファード・ヴェルファイア用(20系)

部品交換手順

今回はダイハツ タントL385(L375も共通)で部品交換手順を解説する。

因みに20系アルファードもほぼ同じ構造だったので、トヨタ・ダイハツ系はほとんど共通なのではないだろうか!?

 

1.グローブボックスを開けて中の物を取り出す。

2.ダンパーとの接続を解除する。ダンパーは向かって左側のみに存在する。

3.グローブボックスを取り外す。左右のストッパー(突起)が引っかからない方向を見つけるのがコツ。

付け根はヒンジになっていて、ハマっているだけなので力強く引き抜こう。

5.クリーンエアーフィルターボックスの蓋を開ける。左側がクリップになっている。

6.クリーンエアフィルターを交換する。上下はUP↑という刻印に合わせる。

7.逆の手順で元に戻して完了!

予想通り真っ黒

取り外したクリーンエアフィルターは予想通り真っ黒だった。使用期間は約1年半である。

これは恐らく黒カビ。上面の緑色の層は抗菌・防カビ仕様となっているが2年はもたないということなのだろう。

更に所々に虫の死骸も挟まっていて悶絶したのは言うまでもない((((;゚Д゚)))))))

交換絶大!

交換後はというとエアコンの匂いも無くなり快適そのもの。咳も出なくなって一件落着である( ´ ▽ ` )ノ

今までは車検時の2年に1回のペースで交換していたが、これからはちゃんと1年に1回のペースで交換せねば。

カビの発生を極力抑えたい場合は、エンジン停止前にエアコンを切って、しばらく送風のみでクリーンエアフィルターを乾燥させると良いそうだ。

 

以上、交換作業は工具も一切使わずとっても簡単なのでエアコンで咳が止まらない人は是非試してみてね!

 

ダイハツ タント用(L375・L385)

トヨタ アルファード・ヴェルファイア用(20系)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!