【WordPress初心者向け】サーバー選びから開設までの道のり

2021年1月6日自作アプリ・WordPress初心者向け情報WordPress初心者向け

こんにちは。田舎で趣味レーションの中の人K☆太(@makiriri_com)です。

約6年間運営した楽天ブログからステップアップして世界最大のCMSでお馴染みのWordPress へ移行し新しく始めたブログがこの「田舎で趣味レーション」である。

ワードプレスは世界最大とは言えプライベーターにはちょっと敷居が高いと言われている。

理由はずばり以下の通りだ。

「有料サーバーをレンタルまでしてやるブログの目的とは何か!?」

「無料で十分じゃね!?」

俺氏の場合、自作アプリWind PEと群れリグの情報提供する公式サイトを作りたいという明確な理由があった。

それにアプリ開発した時に作った独自ドメインも有効活用しなきゃ勿体無い。

そしてゆくゆくはアドセンスに登録して・・・・と言う理由で意を決して新築へ引っ越したのだった!

本稿では俺氏のWordPress開設までのプロセスを例にして解説する。

それでは張り切って行ってみよう!

YouTubeが台頭した時代のブログの価値

まず初めにそもそもブログ開設は価値のある事なのか!?

近年急速にYouTubeが台頭してブログはオワコンと言われている。

年々Googleのサイト評価も厳しくなって来ている。

しかし君はネットで調べ物をする時に何を見ているだろうか!?

動画よりもブログを見ていないか!?

ハウツーの場合は長い動画を見終わってから作業に取り掛かるよりもサラッとブログを読んでから作業に入り後は見返しながら作業する事の方が多い。

やはり高速インプットするには活字の方が早いよね。

ブログもまだまだ捨てたものではないのだ!

君が有用な情報を提供出来る自信があるならば十分に戦う余地はある。

移行から開設までの手順

1.レンタルサーバー選定

まずはブログのデータを保管するサーバー選び契約しなくてはならない。

何処のサーバーにしようか一週間くらい調べてさくらサーバーロリポップ!で相当悩んだがロリポップ!に決定した。

取引先のSEさんはさくらサーバーをオススメしていたので本当に悩んだのだが選んだ理由は次の通りだ。

  1. 独自ドメインをロリポップ!系列のムームーで既に取得していた。
  2. ロリポップ!のスタンダードプランの価格とスペックが自分にとってベストバランスだった。
  3. さくらサーバーは動的ページ、つまりWordPressでは遅いというテスト結果が気になった。
  4. JUDY AND MARYの大ファンだった。

やっぱプライベーターは独自ドメインもレンタルサーバーも出費は出来るだけ抑えたいよね!?

じっくり考えて自分にピッタリなレンタルサーバー会社とプランを見つけよう。
独自ドメインをまだお持ちでない方はセットで取得できる会社が楽である。

2.WordPressのインストール

さて、ロリポップ!のサーバーに独自ドメインの設定を済ませたらいよいよWordPressのインストールだ。

“簡単インストール"というサービスのおかげで割とスンナリ開設まで行くことが出来る。各社この手のサービスを用意してあるのでさくっと利用しちゃおう。とっても楽チンである。

唯一時間を費やしたところと言えばサイト名やユーザー名などに真剣に悩んでしまったところだw

3.常時SSL化

開設の段階で常時SSL化も行う。

簡単に言うとさいとをhttpから暗号化で保護されたhttpsにする作業である。

Googleはhttpsに対応してないサイトは警告表示する仕様になったので必ず最初に設定しておこう(`・ω・´)キリッ

現在では各レンタルサーバー会社とも無料で独自SSLサービスを提供している。良い時代になったものだ。

4.テーマの決定

WordPress開設直後のブログは丸裸な状態。

これからやらなくてはならない設定が山ほどあって理想のカタチになるまでに結構な時間が掛かる。

まずはテーマを決める。

WordPressのテーマとは背景やウィジットなどの見た目を変える程度の単純な物ではない。

サイトスピードやSEO(検索エンジン最適化)にも関わる重要なファクターである。

俺氏は色々替えて現在はLuxeritas(ルクセリタス)という無料テーマに落ち着いた。

超絶オススメのテーマなので是非お試しあれ!

5.パーマリンクの設定

最初にやっておくべき設定の中で重要度が高かったものは“パーマリンク"の設定だ。

簡単に言うと記事や画像のURLの名付けルールである。

カテゴリーや日付の変更などに左右されない形式にするのが一般的。

https://makiriri.com/%postname%/

後になって記事のカテゴリーを気軽に変える事が出来るありがたさを痛いほど知ることになる。

この形式にしておいて良かった。

6.必要プラグインのインストール

快適なブログ環境を構築する為に必要となるプラグインをインストールしていく。

最初は次から次と沢山入れたくなるが暫くすると超絶減らしたくなってくる。

多機能なテーマを使えばプラグインは少なくて済むのでおすすめ。

7.メニューバーの設定

メニューバーには一般的に推奨されている3つの固定記事、サイトのプロフィール、プライバシーポリシー、連絡先を作り設定する。

アドセンスの審査の必須事項でもあるので必ず作ろう。

注意点はアドセンスの審査合格後はnoindexにしてGoogleの検索結果に表示されなくしておくだ。

この手のインフォメーション的な固定記事はインデクッスしない方がSEOで有利になる。

8.サーチコンソールの登録

Search ConsoleはGoogleが提供するツール。

検索パフォーマンスやインデックス情報、エラーなどが分る超絶便利なツールだ。

登録方法は自分のサイト所有権を確認する。お好みの確認方法を選んで手続きしよう。


登録が完了したらサイトマップを登録してクローラ―にサイト内容を伝えやすくする。

WordPress5.5からはサイトマップ作成機能をデフォルトで実装しているので更に初心者に優しくなった。

自分のブログのURLの後ろに/wp-sitemap.xmlを付けたのがXMLサイトマップのURLだ。

【例】https://○○○○○○.com/wp-sitemap.xml

サーチコンソールの「新しいサイトマップの追加」に/wp-sitemap.xmlを入力して送信しよう。

9.旧ブログからの移行する場合

ご利用のブログサービスにWordPressへの引っ越し機能が有るか無いかで手順が変わる。

俺氏の場合は無かったので仮住まいとして引っ越しサービスの対象が多いFC2ブログに引っ越した。

ただ記事数が多いと移行後の修正が大変である。

結局丸ごとの引っ越しは辞めて必要な記事だけコピペを駆使して書き直した。

引っ越しが完了したら新ブログと競合しないように旧ブログを閉めてGoogleのインデックも削除する。

これで晴れて君もHello World!

以上、WordPress開設までの流れでした。

これで大体のサイトの形は出来上がった。後は記事を書きながら全体をブラッシュアップしていけば良い。

そして本気でSEO対策をするならアナリティクスを登録して分析しよう。

WordPressの開設作業自体は難しくはない。

ただ、開設するかどうかの決断はやはり有料レンタルサーバーまで借りてまでブログを書きたいかどうかの目的意識に尽きる。

折角開設したのに直ぐに止めるのは勿体ないのでそこはしっかり考えよう。

俺氏の場合は新しいブログは同じ趣味を持つ人への情報ソースとして自分用の備忘録、そして将来自分の子供達のアーカイブとして楽しく更新中♪

WordPressでのブログは目的意識をしっかりもって開設しよう!