【アウトドア】モーラナイフ コンパニオンHDステンレス

本格的なアウトドア用ナイフ、1本は持っていたいよね!?

俺氏は先日、緊急持ち出し袋GO BAGのアップデートで、サバイバルグッズとしてとうとうナイフを取り入れた。

アウトドア用ナイフと言えばフォールディングナイフのオピネルとシースナイフのモーラナイフが人気を二分する。

今までオピネルとモーラナイフで迷っていたところ2019年、モーラナイフ  コンパニオンのヘビーデューティーに待望のステンレスモデルが登場したので即決したのだった!

最初のアウトドアナイフで迷っている人に是非参考にしてみてね。

それでは張り切って行ってみよう!

MORAKNIV(モーラナイフ)

モーラナイフはスカンディナヴィア半島に位置するスウェーデン ダーラナ県モーラ地方で1891年創業したブランド。

握りやすいハンドルと鋭く丈夫な刃が特徴の実用的なナイフである。

日本ではAmazonなどの正規輸入代理店で購入する事が出来るぞ。

えーと、今ってスカンジナビアって言わないんだね。おじさんおったまげ((((;゚Д゚)))))))

コンパニオン ヘビーデューティ ステンレス

数あるモーラナイフ の中でも、バトニングなどのブッシュクラフトから調理までオールラウンドにこなすコンパニオンのヘビーデューティは以前から鯖に強いステンレスモデルが待ち望まれていた。

カラーは実用性重視でバーントオレンジをチョイス。

ビビットなオレンジが暗闇でも見つけやすい。

本当はブラックの方がカッコいいと思っているのは内緒だ(`・ω・´)キリッ

  • 全長224mm
  • 刃渡り104mm
  • 重量136g

刻印にウットリ。

専用ケース付き。

収める向きを間違えるとゆるゆるになるので注意が必要。

ケースはベルトに装着出来る。

ケースの底には穴が空いているので濡れたままでも水が切れる構造。

通常のコンパニオンよりもヘビーデューティの刃幅は3.2mmと厚くバトニングにも対応する。

ステンレスモデルはカーボンスチールモデルの切れ味と引き換えに耐久性を手に入れた。

使用頻度が低い人にとって錆びに強いというのはとても嬉しいファクターである。

クッキング

1番最初は肉を切ると決めていた(`・ω・´)キリッ

刃渡りがあるので使いやすい。

新品だけに物凄い切れ味。

カーボンスチールと違い食材の成分によって刃が変色する心配がないのも嬉しい。

ブッシュクラフト

続いてガーデニングで山ほど出る廃枝で薪を作り、刃に負担のかかるブッシュクラフトを試してみた。

ファザースティック

小学校の図工で使っていた小刀を思い出すねw

硬い広葉樹しか落ちていなかったがスパスパ切れる。

バドニング

フルタングではなくナロータングなのでハラハラする(;´Д`A

しかし針葉樹ならラクラクだった。

ナイフにある程度の重みがあるのでやりやすい。

ナイフで迷ったらコレ!

以上、とってもおすすめなモーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティー ステンレスの紹介でした。

カラーはブラックとバーントオレンジに2色展開。

オピネルはコンパクトに折りたためるし芸術的でカッコ良いが、ステンレスモデルを選んだとしても膨張する木製ハンドルは管理が難しい。防災用と考えるとフォールディングナイフは強度にも不安が残る。

その点シースナイフのモーラナイフは何の心配も無くガンガン使えるぞ。

樹脂製のハンドルも手にフィットして使いやすい。

更にヘビーデューティだとツールナイフも兼ねるし、ステンレスなので使用頻度が低くても管理も簡単である。

もしアウトドアナイフで迷ったら今回紹介したモデルを買えば間違い無しなのだ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!