【デジイチ】お洒落で機能的なカメラバッグ!バケットマウス

2021年3月1日お父さんのライフハックデジタル一眼レフ,ディズニー

こんにちは。デジタル一眼レフも趣味の一つとして楽しんでいるK☆太(@makiriri_com)です。

旅行や行事では必ずバッグに入れて持ち歩く。

ところで君はどんなカメラバッグを使っているかな!?

本稿では俺氏がデジイチを買ってから変わらず愛用し続けているおすすめのカメラバックを紹介しようと思う。

それでは張り切っていってみよう!

BUCKETMOUTH(バケットマウス)

2009年大阪梅田のスニーカーショップの片隅で誕生した、新たなカメラバッグの形を提案するバッグブランドMOUTHのBUCKETMOUTH(バケットマウス)だ。

軽くてコシのある質感で柔らかくしなやかな使い心地の900デニールナイロン採用したお洒落で実用的なカメラバック。

購入当時、楽天市場のカメラバックランキングで1位だった。なので知っている方も多いはず。

デザインとコンセプトで一発で虜になってしまった。

スタイリッシュな外観

豊富なカラーの中から俺氏が選んだカラーはカモ。現在のカモとは柄が違うので旧バージョンのカモである。

外蓋の固定方式はベルクロ。

外蓋にファスナー付きポケットが2つ。

そしてストラップにもポケットが1つ。

無駄のないとってもコンパクトでスタイリッシュなデジイチである。

見た目からは想像できないカメラ室の広さ

カメラ室は仕切りで3つのパーテーションに分けることができるぞ。

た目のコンパクトな印象からは想像できない収納力を誇るカメラ室だ

APS-Cであればレンズを装着したカメラ本体とレンズ2本が収納可能。

俺氏は普段、カメラ本体と替えレンズ1本、スピードライトを入れている。

ただフルサイズのボディではやや窮屈だ。

内側のファスナー付きネット収納には小物を入れることができる。

小物も含めた普段入れているもの。

  • レンズ付きD5200本体
  • 替えレンズ
  • スピードライトSB-300
  • 充電器
  • 予備バッテリー
  • 予備電池
  • 偏光フィルター
  • レンズクリーナーペン
  • ブロワー
  • クロス
  • 予備SDカード

お得な外せるインナー!

実はなんと、インナーが取外せてしまう!

これをお気に入りのトートバックなどに移植するとたちまちカメラバックに早変わり!

これはとってもお得な機能だ。

インナー単体ではEATER(イーター)という巾着型ケースとして販売されていてこちらも大人気商品となっている。

 

マウスの豊富なラインナップもご覧あれ

うれしいことにミラーレスユーザーには小型カメラ用に70%ダウンサイジングしたタイニーバケットマウスもラインナップされているぞ。

ほかにトートバック型やリュック型、高級モデルのDeliciousシリーズ、ストラップなど豊富なラインナップがあるのでMOUTH公式サイトをチェックして見てね!

お出かけはこれ一つでOK

以上、お気に入りのカメラバッグ、バケットマウスの紹介でした。

7年以上使っているのに全然痛んでいないので耐久性も抜群といえる。

いつもお出かけはこれ一つでOK。

隙間に財布も入るので本当に重宝している。

ディズニーリゾートのパーク内なんかは本当に快適である。

ベルクロの蓋をバリッと開けてすぐにカメラを構えられるのはカメラマンにとって大きなアドバンテージとなるぞ。

旅行先では大きいリュックタイプだとカメラだけ持ち出したい場合にちと不便。遊園地の乗り物でいちいちリュックを下ろす必要もない。

そんなときバケットマウスならコンパクトなので子どもと外で遊びながらの撮影でも抜群の機動力なのだ!