【ガーデニング】薔薇の植え替えドキドキ大作戦の巻

2018年11月21日

心配な薔薇の植え替え

ガーデンのレイアウト変更や日当たりの関係で薔薇を移動したい時ってあるよね!?

しかしデリケートな植え替えは元気が無くなったり枯れたりするのが心配。気に入っている薔薇なら尚更の事だ。

そんな出来る事なら避けて通りたい薔薇の植え替え。とうとう俺ガーデンにもその時が来てしまった(;´Д`A

それでは俺氏のドキドキ薔薇の植え替え大作戦の模様をお送りしよう!

薔薇の植え替え大作戦

俺家のピンクメディランドの元気がなくなり、とうとうシュートが出なくなった。

元気だった頃の写真↓

1年様子を見たが、新しいシュートが出る事はなかったので諦める事にした。

かれこれ樹齢10年。すごい太さだ(;´Д`A

よく見ると台木の辺りが腐ってワラジ虫の巣ができている((((;゚Д゚)))))))

今までお疲れさまでした。ありがとう(´;ω;`)ブワッ

 

そしてスッポリと空いたこの場所に、これまた環境が合わなくて困っていたクリーミィエデンを移植する事にした。

植え替え時期

植え替えは、花期が終わり次のシュートが出るまでの休止期間が狙い目。

気温は極端に暑い時期や寒い時期は避けた方が良い。今回は暖かな秋の夕方に行った。

移設先の土作り

植え替えの数日前に、天地返しをして太陽で紫外線殺菌しておく。初めて植える場所なら薔薇用の土を使えば間違いない。

化成肥料は緩効性肥料のマグァンプKや100日効き目が続くドレスコートが人気。

マグァンプKならAmazonやホームセンターで比較的簡単に手に入るぞ。

ドレスコートは楽天市場で購入出来る。

 

掘り上げ前の剪定

掘り上げしやすい様に、先に剪定しておくと良い。基本の1/3剪定でOKだ。

掘り上げ

さあ、緊張の掘り上げ作業。

当たり前の事だか、出来るだけ根は残した方が良い。しかし想像以上に根は広く深くに広がっている。

出来るだけ広く掘って根をトリミングしよう。だか末端が切れるのはある程度仕方がない。

空気に触れない様に土ごと株を移動する事は、ほぼ不可能と考えて良い。

枝と根の数合わせ

根数>枝数もしくは根数=枝数になる様に数を合わせる。勿体ないがこうしないとバランスが崩れて全滅する可能性がある。そして更に剪定を加えて株を仕上げる。

植え替え先に定植

成育させたい向きを決めたら、台木が埋まらない様に気をつけながら埋める。不安定なら添え木を立てよう。

水やり

周りに緩効性肥料を撒き、最後にたぷーり水をあげて完了!

普段の世話なら地植えには水は必要無いのだが、移植後数日間は様子を見て水を上げるようにしよう。

まとめ

植え替え後しばらくすると再び成長が始まったので、どうやら上手くいった様だ。

ドキドキ植え替え大作戦は大成功である( ´ ▽ ` )ノ

 

ポイントとしては、植え替えはなるべく休止期で穏やかな気候で行う事をおすすめする事と、根数と枝数を合わせる事だ。

しかし、どんなに丁寧に植え替えしたとしても、薔薇自体の生命力が残っていない場合もあるし、場所が合わない事もある。

やるだけの事をやったなら、後は成功を祈ろう(`・ω・´)キリッ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!