【群れリグ】こだわりのタックル紹介!

2020年3月11日

大物根魚をターゲットにする群れリグ。

試してくれたかな!?

今回は群れリグの為にフォーマットしたロッド・リール・ラインを紹介しようと思う。

自称モノヲタクである俺氏だが、決して”いっちゃんいいヤツ”ではなく機能美に優れたモノを使うという強いこだわりがある。

釣り具も同様であり、最高峰のMORETHAN、EXISTが良いのは当たり前。だが最新技術がフィードバックされたエントリーモデルでも毎釣行後に洗うだけで十分長く使う事が出来るのだ。

その辺も含めて解説していく。

それでは張り切って行ってみよう!

マイ群れリグタックル

ロッド:DAIWA LATEO 86LLS・Q

現在はシーバスロッドのラテオシリーズを使用中。

バチ抜けシーズンの繊細なワームミングを目的としたシーバス専用ロッドでMEGATOPというソリッドトップを搭載した86LLS・Qである。

ルアー重量は3〜15g対応とあまり重たいのは投げられない。

群れリグは見ての通り風の抵抗を半端なく受ける為、遠投するにはガチガチに硬いロックフィッシュモデルよりも長くてしなやかなロッドが適している。

そこでこのコンセプトのシーバスロッドがピッタリだったのだ。

尚、ロッド購入の際は長く使えるオールステンレスフレームSiCリングガイド搭載のロッドを選ぼう。

リール:DAIWA 11CALDIA 2508R-SH

DAIWAが誇る防水・耐久テクノロジーMAGSEALEDを搭載したエントリーモデル、CALDIA 2508R-SH。

CALDIAは初代から使っている非常に愛着のあるシリーズだ。

2011モデルにも関わらず毎釣行後のシャワーと数回に1回のグリスアップだけのメンテナンスで絶好調である。

2500番より一回り大きいRボディを持ちながらもシャロースプールで細いPEを使用することが出来る。

更にスーパーハイギアでラインのスラッグも素早く取る事が可能だ。

購入の際はDAIWAならMAGSEALED搭載モデルを選ぼう。

ラインシステム

メインライン:DAIWA Emeraldas SENSOR SSⅡ+Si 0.6号

風の抵抗が強い群れリグを遠くに飛ばすには細いPEが不可欠になる。

俺氏の使っているラインは比重が1.10と大きく水馴染みの早いスローシンキングラインと言う特殊なラインでもともとはエギング用。因みに通常のPEの比重は大体0.98位だ。

風の強い日の遠投時、ラインが風に煽られ無い為ラインメンディングがしやすいぞ!

ずっとリピートし続けているお気に入りのラインなのだ( ´ ▽ ` )ノ

現在はⅢにモデルチェンジしている。

高比重PEは各社からもリリースされ以前より選択肢が増えた。

ショックリーダー:DAIWA Emeraldas LEADER Xtreme 1.75号

こちらもエギング用のエメラルダスを流用している。

1.75号でありながら9lbと強度の強いフロロカーボン製のショックリーダー。

携帯性にも優れている。名前もなんか凄そうでカッコ良い。

フィールドによってセッティングは変わる

以上、群れリグを始めた時より研究を重ねてたどり着いた俺氏こだわりの群れリグタックルでした。

俺氏のメインフィールドに特化した防波堤スペシャルである。

君もタックル選びの参考にしてみてね!

サーフや磯、沖防波堤、ボートではまたタックルセッティングが変わってくるので、自分の良く行くフィールドに合わせたタックルセッティングを見つけよう( ´ ▽ ` )ノ

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

こちらもよろしく!
群れリグ載ってます!↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太@makiriri.comをフォローしよう!