【いいモノ】軽い柔らか暖かい!ノースフェイス ヌプシブーティ

2018年6月18日

北海道の冬用ブーツ

生まれも育ちも北海道である道産子俺氏が超絶気に入っている冬用ブーツを紹介したいと思う。珍しくメジャーなアイテムだぞ。

様々なジャンルのブーツが存在するが、雪国北海道の田舎に住むの俺氏がブーツに求める5つの条件は以下の通り。なのでかなりモデルは絞られてくる。

  • 雪が入らない程度の丈がある
  • 暖かい
  • 軽い
  • 車の運転がしやすい
  • カッコいい

特に車の運転しやすさは重要なポイントだ。なんせ田舎はどこに行くにもいちいち遠いいので、車は生活必需品なのである。

造形美のカリブー、機能美のヌプシで迷う

俺氏は毎年クリスマスに「お利口にしていたらサンタさんからプレゼントが貰える」を自作自演することにより身をもって子供達に教えている(`・ω・´)キリっ

冬用ブーツもそのセルフクリスマスプレゼントの1つのつもりであった。

色々調べていくうちに、人気の2種が最終候補に残った。ソレルのカリブーとノースフェイスのヌプシブーティだ。カリブーってやっぱりカッコイイじゃない!?

だがデザインはステキだが、試着した時にどうしてもクリア出来ない問題があった。

  • 重い
  • アッパーが硬い
  • ソールが厚い
  • アッパーの手入れが面倒

どうにも運転し辛そうなのだ。足裏の感覚が無いソールで、アッパーが硬くリスフラン関節が動かないブーツは冬道に対して繊細なペダルワークが出来ないので危険だと思う。だからと言って車を運転する時にいちいち履き替えるのは面倒だ。アッパーのひび割れ対策のメンテナンスというのも面倒である。そして何より重かった。スキー場や子供達と遊ぶには軽い機動性の高いブーツに軍配が上がる。

ということで造形美のカリブーを惜しみつつも機能美を追求してヌプシに決定!

しかも、なんとクリスマス後に・・・・

自作自演を見るに見かねた嫁氏がお金を出してくれる事になったぞ。やった~ヽ(;▽;)ノ

THE NORTH FACE ヌプシブーティWP Ⅳ

俺氏がチョイスしたのはバージョンⅣ、迷彩ブラックのWP(ウォータープルーフ)仕様で長さはミドルだ!(現在WPはバージョンVにモデルチェンジしている。)

アッパー素材がノーマル・WP・ウール、長さがショート・ミドル・トールとラインナップされているのだが、ノーマルの存在意義がちょっと分からない。ノーマルもWPしちゃえばよくないか!?非常に分かりづらいので購入時に注意が必要だ。雪の降らない地域はオシャレなウールモデルが選べて羨ましいと思っているのは内緒なのだ(笑)

サイズ感

普段は27.5cmだけど試着したら28.0cmで丁度良かった。余談だがカリブーも28.0cmで丁度良かった。参考まで。

ギザかっこよす。それでは早速レビュー行ってみよう!

PRIMALOFT(プリマロフト)

PRIMALOFT(プリマロフト)という人工羽毛を使用。ダウンジャケットを履く感覚なのでとにかく軽くて柔らかくて暖かい。-10℃のゲレンデで約3時間子供のスキースクールを見学してもへっちゃらだった。

スキーやボードのブーツを脱いだ後にも極上の履き心地を与えてくれる( ´ ▽ ` )ノ

ドローコード

ドーローコードで雪をシャットアウト!締め込んでも長さは邪魔にならない。

丈夫な造り

つま先とかかとは補強されていて丈夫な造り。アッパーのダウン部がダーメージを受けにくい構造になっている。

TEKWPROOF

このタグがWP(ウォータープルーフ)の証し。TEKWPROOFという独自素材を採用。お手入れも楽々でアッパーが綺麗に保てる。

ソール

冬季に毎日履いて丸2年。ソウルも殆ど減っていない。

低温時でも硬化しない「ウィンターグリップソールラバー」、氷面でもグリップ力を発揮する「ウインターアイスポッド」をソールのセンターに配置しているが、金属スパイクではないので氷の上では普通に滑る。これからの進化に期待だ。

耐久性

冬季に2シーズン毎日履いて、今のところ目立った傷みもへたりも無い。WP機能も健在だ。耐久性も申し分ないと言えよう。

キッズモデルもあるのでいつか子供達にも買ってあげてお揃いにしたいな。

冬道の運転は薄いソールで柔らかなブーツで

冬の運転はとっさの危険回避がつきものなので、足裏の感覚が感じられるソールで、アッパーもリスフラン関節が動く柔らかさがあり、繊細なペダルワークが出来る靴が好ましい。ガチで雪を漕いで歩く人にはカリブーが良いかもしれないが、俺氏的には運転が多い人にはヌプシがおすすめである。

幅広い価格帯に星の数ほどある冬用ブーツ。それぞれに利点、欠点がある。

自分のライフスタイルにあった冬用ブーツをチョイスしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!