【いいモノ】魅力再認識!親子で履きたいアシックス

2019年7月18日

アシックスの思い出

子供の頃、裕福ではなかったが母は何時もアシックスを選んで買って来てくれた。

しかし、思春期の頃、欧米のアディダスやナイキが流行り日本のアシックスが何だかカッコ悪く感じて、避ける様になってしまった。

時が経ち大人になった俺氏は、フットサルで評判の良いアシックスのフットサルシューズを試しに履いてみた。すると、その素晴らしさに衝撃的を受ける。「あ、そう言えば子供の頃はいつも・・・・」
フラッシュバックする記憶の中で、遠き日の母の愛に気付いたのだった。

そして今、子供達はアシックスのジュニアシューズを履いて元気に走り回っている。

↑ジュニオーレ(子供用フットサルシューズ)

俺氏のアシックス

アシックスは靴底が薄くて素足感覚なのにも関わらず、クッション性が高いという特徴がある。

また、日本人の足を研究し尽くしている為、幅広の足にも対応するのも嬉しいところ。

それでは俺氏のアシックスを紹介しよう!

カルチェット TOP

まず紹介しておきたいのが、俺氏が衝撃を受けアシックスの良さを再認識させられたフットサルシューズ。

ソールのグリップ力が他のメーカーの追随を許さない。

テクニカルな動きの多いフットサルにおいて滑らないことは大きなアドバンテージになる。今までソウルのグリップを復活させる為に、ベンチに濡れた雑巾を用意しておいて小まめに拭く必要がなくなった。

ただTOP3は耐久性に難ありだった。

デスタッキ

現在の相棒。アシックス最高峰のサルシューであるデスタッキも型落ちなら半額に近い価格で買えてしまう。

カルチェットより丈夫な気がする。しかし俺氏的にアッパーはカルチェットの方がボールコントロールしやすくて好き。

オニツカタイガー セラーノ

超絶お気に入りの普段履き。軽い・薄い・柔らかいの三拍子揃ったスニーカー。

毎年NEWカラーが発売される。人気カラーは直ぐに品薄になるので要チェックだ。

一番人気のMEXICO 66よりリーズナブルで最初のオニツカとしてオススメの一足だ。

GEL-SONOMA 3(ゲル ソノマ 3)

アウトドア用兼ランニング用に購入したGORE-TEXのトレイルランニングシューズ。

はっきり言って最強。

詳しいレビュー記事はこちら↓

a.v.v HOMME(アー・ヴェ・ヴェ オム)

アシックス商事が手掛けるブランドのビジネスシューズ。

アシックスのビジネスシューズと言えば「衝撃緩衝材GEL(ゲル)」を搭載した「ランウォーク」が余りにも有名であるが、他にも「texcy luxe(テクシーリュクス)」や、「a.v.v HOMME(アー・ヴェ・ヴェ オム)」というお求めやすいシリーズも用意されているのだ。

このクラスでもめちゃくちゃ履きやすくて、もう高級メーカーの革靴には戻れない。

俺家キッズのスクスクシリーズ

続いては俺家の子供達が履いているアシックスを紹介。

ファブレFIRST

記念すべきファーストシューズもアシックス。

初めて外で歩くシューズはデザインよりも機能的なシューズを選びたい。

アイダホBABY KT-ES

ファーストシューズの次にはこのアイダホBABY KT-ESがおすすめ!

1本ベルト仕様なので自分でも止めやすく、自立心が芽生え始めた年頃のお子様にピッタリなのだ。

アイダホMINI JP

キッズ定番のモデル。もう何足買ったか分からなく、各サイズ揃ってしまった(`・ω・´)キリッ

ワゴンセールの靴とは違い造りもしっかりしているので、お下がりでグルグル回していても壊れないので助かる。

TOPSPEED MINI

長男の幼稚園の運動会の為に買ったら本人も気に入って普段でもメインで履くようになった。

長男曰くスポーツにも普段履きにも最高らしい。

LAZERBEAM

TOPSPEEDからステップアップして年長か小学1年生くらいから履けるスポーツシューズ。

超絶カッコイイ。現行モデルではメッシュ部分が増えている。

俺家はイチローも認めたアシックスでアキレスの瞬足と真っ向勝負だ!

残りの人生はアシックスで

俺氏は靴というものが好きで色々なメーカーの靴を履いてきたが、40歳を過ぎ一周回ってアシックスに帰ってきた。これから残りの人生は全てアシックスでいこうと思っている。

子供達が年頃になるまではお揃いに出来るしね。今こそ親子でアシックスなのだ( ´ ▽ ` )ノ

順調にアシックス化が進んでいるが、残るは外用のサッカーシューズである。

今まではずっとミズノのモレリア2をリピートし続けてきたが、大迫選手と乾選手で人気となったDSライトシリーズを試してみようと思うぞ。

以上、家族でお揃いのアシックスについてのお話でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でK☆太(makiriri.com)をフォローしよう!